ニュース

中国投資家、規制に負けず新たなサービス

先日中国での暗号通貨・ICOへの規制強化が報じられたが、同国の投資家たちはこの規制の中で新たな暗号通貨サービスを利用しているようだ。

 

厳しい規制の中、中国では暗号通貨のレンディングプラットフォームが注目され、現在その数を増やしている。同国では暗号通貨と法定通貨の取引禁止、ICOの禁止と国内外の取引所サービス124社を監視、チャットアプリや決済サービスでも暗号通貨関連サービスの提供を行わないよう指導など厳しい規制が行われている。

しかし、今注目されているサービスは暗号通貨でのレンディングサービス、日本国内でも行われている「貸暗号通貨サービス」となっている。つまり法定通貨と暗号通貨での取引ではなく、貸し借りのサービスとなっている。そのため現在同国で行われている規制の対象にはならない。厳しい規制が行われても、暗号通貨を使用したサービスの規制が行われなければ、同国では新たなサービスが誕生し続けるのではないだろうか。

中国では暗号通貨だけでなくインターネット、外貨に関しても規制が行われている。こうした状況から逃れるため、国民による分散型のプラットフォームなどが開発されるのは早いのかもしれない。ブロックチェーン技術やデジタル化社会といった技術開発はどの国でも行われているものだが、必要に迫られている国では研究開発だけでなく導入も早いだろう。

 

関連記事

  1. 中部電力、電力取引所開設へ[電力の自由化]

  2. 【ポジティブ材料か!?】アメリカ著名アナリスト、ビットコインは260万…

  3. 1週間(8/6~8/12)のニュースまとめ

  4. 昨日(12/22)のニュースまとめ

  5. 日本初。学内仮想通貨「百虎」実証実験開始へ

  6. ブラウザソフトのオペラ不正マイニング防止へ

PAGE TOP

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入

ニュース

昨日(1/16)のニュースまとめ

ニュース

資金洗浄・テロ資金供与とは[基礎知識]

ニュース

Liquid、QASH保有量・期間に応じてXRPプレゼント

ニュース

昨日(1/15)のニュースまとめ