ニュース

Bitmain、マシン購入にKYC導入

マイニング業界最大手のBitmain(ビットメイン)は法令順守のために、同社の販売するマイニング機器を購入する際に本人確認(Know Your Customer/KYC)を行うことを発表した。

 

マイニングを悪用した犯罪は多く存在している。Bitmainはこの現状を改善するためにKYCの導入を決めたようだ。このKYCでは名前、住所のほか国民識別番号などの身分証明書を提出する必要がある。提出された個人情報は、許可なく権限のない第3者には共有されないとしているため、政府のような権限のある機関に要求された場合には共有されることを事前に説明している。

このKYCだが、これを行わない顧客はBitmainサイトからブロックされる、もしくは購入制限がかけられることとなる。Bitmainが拠点を構える中国国内での最大購入限度額は30万円だが、他の英語版サイトでは0円となっている。これは同国内でのインターネットが政府管理下にあるということも影響しての30万円ということではないかと考えれらる。

このKYC導入は最近中国で行われた暗号通貨取引・ICOの規制強化によるものではないかという見方もある。

関連記事

  1. 自分の瞳だけで身分証明、決済も

  2. ビットコイン価格、一年前の倍に上昇

  3. 英GWのGateHub、仮想通貨トレードプラットフォーム提供開始

  4. 昨日(8/9)のニュースまとめ

  5. G20、2018年7月までに仮想通貨規制案提示で合意

  6. 電気料金未納でマイニング企業閉鎖

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ