ニュース

[PR記事]大口投資家ら人気の取引所、BITPointの魅力

前回()日本の取引所BITPointを運営する株式会社ビットポイントジャパンの資本金の多さや海外の関連企業の多さ、親会社などから安全な取引所なのか、そもそも企業として安全なのかを調べたが、今回は取引所BITPointのサービス内容、対応についてみてみる。

 

  • 堅牢なセキュリティ性
  • すべての手数料が無料
  • スプレッドの低さ
  • 電話での問い合わせ対応
  • 口座開設キャンペーン

取引所を選ぶ際に気になるのは、まず第一にセキュリティ性の高さ、そして取引でのスプレッド、様々な手数料だろう。BITPointはそのセキュリティ性の高さから、大口の投資家が口座開設を行っている。知らない方も多いかもしれないが、同取引所はサービス開始以来一度もサーバー停止がなく、ハッキング被害も存在しない。もちろん資産がある取引所であるため、DDoS攻撃といったサーバーに負荷をかけるような攻撃はされているが、同取引所はそれに備え対策ができている。コールドウォレットでの資産管理はもちろん、マルチシグによる最高水準のセキュリティ対策、そしてホワイトハッカーによる取引システム検査とセキュリティ体制に力を入れている。問題が起きなければ注目されないセキュリティだが、なにも話題に上がっていないBITPointだからこそ、いかに堅牢なセキュリティ対策がなされているのかがわかる。

 

BITPointでは現物取引に限らず、レバレッジ取引、FXすべての手数料が無料となっている。一部のコイン、期間での手数料無料は他の取引所でも行われているかもしれないが、BITPointではキャンペーンや例外なしで取引手数料、そして入出金手数料も無料となっている。取引所で購入して自身のウォレットに移す人や頻繁に取引を行う人にとってうれしいものとなっている。この入出金の手数料は、提携銀行が多いBITPointだからこそできるサービスとなっている。

 

そして取引所であるため、販売所とは異なりスプレッド(買いねと売値の差)が非常に小さいため、取引がしやすい状態となっている。また現物取引では日本円、アメリカドルのほかユーロや香港ドル、人民元、フィリピンペソと様々な法定通貨での取引にも対応している。

 

暗号通貨取引は初めてという方も多いだろう。入金や取引、出金、設定を理解しにくいという人も多い。だが大抵取引所ではメールでのお問い合わせ対応が多く、すぐに対応してもらえないことから起こる問題もある。しかしBITPointでは電話での対応も行っており、平日の9時から17時で対応してもらえるため、初めて暗号通貨取引を行う方にとっても安心して利用しやすい取引所となっている。

今なら新規口座開設キャンペーンを開催しているため、口座を開設し5万円以上を口座に入金することで3,000円分のビットコイン(Bitcoin/BTC)がもらえる。期間は2018年8月20日から2018年9月30日までとなっているので、まだ口座開設をしていない方はこの機会にしてみてはいかがだろうか。他の取引所を利用している方でも、取引所によって強みは異なるため、用途によって使い分けることをお勧めする。

関連記事

  1. 北朝鮮がビットコインに参入か?

  2. DMM、マイニング事業から撤退[cointapも断念]

  3. 英GWのGateHub、仮想通貨トレードプラットフォーム提供開始

  4. RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術…

  5. ブロックチェーンでの犯罪はノード参加者をどんな立場にするのか

  6. 政府認可、暗号通貨と不動産のファンド

PAGE TOP

ニュース

ハードウェアウォレットLedgerの売上急増[取引所ハッキングを受け]

ニュース

ベネズエラとロシア、ペトロの使用検討か[独自経済圏]

ニュース

Amazon、ブロックチェーン関連特許取得[Dos攻撃などへの対策にも]

ニュース

1週間(5/13~5/19)のニュースまとめ

ニュース

昨日(5/18)のニュースまとめ

ニュース

手を出す前に確認すべきこと[投資は慎重に]

ニュース

金融庁、金融サービス利用者相談室の受付状況等を公表[暗号通貨関連は減少]

ニュース

取引所Poloniex,暗号通貨9種の取引を停止[アメリカの規制]