ニュース

アメリカ、貿易にブロックチェーン技術導入へ

アメリカの税関・国境警備局(CBP)が貿易の透明性・紙の消費を減らすためにブロックチェーン技術を活用する準備にあたっているようだ。

 

各国が貿易にブロックチェーン技術を活用しようと動いていることは以前にも本サイトでお知らせしたが、アメリカが北米自由貿易協定・中米自由貿易協定で同技術を導入する計画が実行されれば、貿易でのやり取りも透明化が図られると同時により正確な情報共有ができるようになる。現在の税関の国際ルールでは原則として紙での船荷証券発行が定められているが、このブロックチェーンでの情報共有の速さ、透明性の高さ、手続きの簡略化などから、ルールの改正についての検討が行われている。実際にこの改正が行われ、技術が導入されるようになれば、貿易の品物を確認する効率も良くなるだろう。

CBPは国土安全保障省傘下の税関・国境警備を担当している部門となっている。農業害虫の侵入防止や麻薬密輸の取り締まりなどのほか国境に関する事項巣瀬手を統一して担当する。担当業務が多いため、同省が所轄する部局の中では最大規模のものとなっている。

関連記事

  1. イラン取引禁止で約2700億円もの資金流出

  2. 加速するXRPの基軸化

  3. bitFlyer,当局に対して事実と異なる説明

  4. Zaif、新規登録者キャンペーン

  5. 自分の資産、保護のために

  6. ICO規制の具体的検討へ[金融庁規制整備に注力、G20議長国日本]

PAGE TOP

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入

ニュース

昨日(1/16)のニュースまとめ

ニュース

資金洗浄・テロ資金供与とは[基礎知識]

ニュース

Liquid、QASH保有量・期間に応じてXRPプレゼント

ニュース

昨日(1/15)のニュースまとめ