ニュース

中国、暗号通貨関連アカウント凍結

中国の大手SNS,WeChat(ウィーチャット)で暗号通貨・ブロックチェーン関連のアカウントが凍結された。この凍結理由として中国で禁止されているICOを行ったり、暗号通貨に関する虚偽情報を流したことが規定違反にあたったためとしているが、実際は暗号通貨による資産流失を恐れてのことではないかとみられている。

 

今回、WeChatでの凍結は規定違反への対処とされているが、この規定は中国政府のサイバースペース管理局によって導入された規定であり、その政府による規定が凍結理由になっていることから、ただ単にICO行為や虚偽情報の流布というわけではなく、政府の何らかの思惑に対応したものではないかと考えられている。

中国で暗号通貨と法定通貨の取引、ICOが禁止されているのは資金流失を抑えるためだとされている。もちろん表向きは投資家保護、としているが、同国内で外貨購入額、外貨の両替や海外送金の金額に規制がかけられていることからもわかる通り、資産家たちが国内から資金を持ち出そうとしていることを阻止しようと対策を行っている。特に現在はアメリカとの貿易戦争が起きており、その影響から資産家たちはどうにか資産を国外に逃がしたいと考えている。そして国はそれを見越して阻止したいと考えている。そのための措置としてこのようなアカウント停止が行われたのではないかと考えられている。

しかし、同国内ではメディアと取引所の関係性から投資家をだまして利益を得ているのではないかという批判が出ているため、この対応に動いただけではないかという見方もされている。

 

 

関連記事

  1. ベネズエラ、最低賃金引上げ・ペトロの利用義務でインフレ対策

  2. 国内最大手bitFlyerの処罰はいかに!?

  3. フィリピン経済特区で暗号通貨関連企業25社にライセンス

  4. ビットコイン価格の下落に影響を受けず、ハッシュレートは上昇

  5. 匿名グループ、BCHを脅迫

  6. ステーブルコイン、取引所に続々上場

PAGE TOP

ニュース

1週間(3/18~3/24)のニュースまとめ

ニュース

昨日(3/23)のニュースまとめ

ニュース

モバイル決済投資サービスZeux、新たにIOTA対応発表

ニュース

取引所CoinField、XRP基軸市場に130種ものトークン追加発表

ニュース

イスラム法準拠の取引所Rainにリップル(Ripple/XRP)上場

ニュース

取引所OKEx、独自チェーン・DEXの計画発表[大手取引所によるDEX]

ニュース

取引所bitbank、BSVを日本円に換算して付与

ニュース

昨日(3/22)のニュースまとめ