ニュース

中国、暗号通貨関連アカウント凍結

中国の大手SNS,WeChat(ウィーチャット)で暗号通貨・ブロックチェーン関連のアカウントが凍結された。この凍結理由として中国で禁止されているICOを行ったり、暗号通貨に関する虚偽情報を流したことが規定違反にあたったためとしているが、実際は暗号通貨による資産流失を恐れてのことではないかとみられている。

 

今回、WeChatでの凍結は規定違反への対処とされているが、この規定は中国政府のサイバースペース管理局によって導入された規定であり、その政府による規定が凍結理由になっていることから、ただ単にICO行為や虚偽情報の流布というわけではなく、政府の何らかの思惑に対応したものではないかと考えられている。

中国で暗号通貨と法定通貨の取引、ICOが禁止されているのは資金流失を抑えるためだとされている。もちろん表向きは投資家保護、としているが、同国内で外貨購入額、外貨の両替や海外送金の金額に規制がかけられていることからもわかる通り、資産家たちが国内から資金を持ち出そうとしていることを阻止しようと対策を行っている。特に現在はアメリカとの貿易戦争が起きており、その影響から資産家たちはどうにか資産を国外に逃がしたいと考えている。そして国はそれを見越して阻止したいと考えている。そのための措置としてこのようなアカウント停止が行われたのではないかと考えられている。

しかし、同国内ではメディアと取引所の関係性から投資家をだまして利益を得ているのではないかという批判が出ているため、この対応に動いただけではないかという見方もされている。

 

 

関連記事

  1. シンガポール仮想通貨業者に壁

  2. ミクシィのフンザが「Coincheck Payment」導入しチケット…

  3. 多発するフィッシング詐欺

  4. EU、暗号通貨への法規制整備進む[EUとイギリスの線引き]

  5. ICOだけじゃない!400種以上もの詐欺コイン

  6. NTTグループ、ブロックチェーン技術に注力

PAGE TOP

ニュース

bitFlyerで送金が反映されない[なんでも相談室]

ニュース

資産運用に関する日本最大級イベント[マネックス・マネーパートナーズも]

ニュース

ブロックチェーンの実用化、量子コンピュータの実現

ニュース

昨日(1/19)のニュースまとめ

ニュース

SBI、セキュリティ・ウォレットに対する取り組み[新規参入の背中を押す]

ニュース

世界規模の分散型決済ネットワークの開発[既存の決済と]

ニュース

Ethereum,アップグレードConstantinopleは2月27日

ニュース

昨日(1/18)のニュースまとめ