ニュース

Atomic Wallet、XRPの対応発表

主要な暗号通貨のほかに300種以上ものERC-20トークンに対応しているウォレット、Atomic Wallet(アトミックウォレット)は、新たにリップル(Ripple/XRP)の対応予定を発表した。同ウォレットは中央集権的な取引所を迂回できるように設計されている。

 

このウォレットはPCのデスクトップとスマホウォレット(iOS/Android)に対応しており、パスワード・データはこのAtomic Walletのサーバーに保管されるのではなく、利用者の利用端末に保管されるため、Atomic Walletへの攻撃による資産の損失リスクなどは、他のウォレットサービスと比較すると低いものとなっている。また、資産はブロックチェーンに保存されている。ただ、このウォレットが全くリスクのないもの、というわけではなく誤送信やバックフレーズの紛失などによる資産の損失は当然存在する。

しかし暗号通貨を法定通貨の取引を行うのではなく、コイン同士の交換をメインに行っている人にとっては利用しやすいものとなっているのではないかと思われる。

関連記事

  1. 日銀の黒田総裁、仮想通貨は法定通貨を脅かすものではないと発言

  2. 取引所のウォレットと個人のウォレット

  3. ゴールドマン・サックス仮想通貨専門部署設置へ

  4. DMM Bitcoinはじまる

  5. ロシアが独自通貨発行へ

  6. リヒテンシュタインでブロックチェーン支援のための法整備

PAGE TOP

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]

ニュース

昨日(4/19)のニュースまとめ

取引所

取引所の選び方[初心者向け]