ニュース

Atomic Wallet、XRPの対応発表

主要な暗号通貨のほかに300種以上ものERC-20トークンに対応しているウォレット、Atomic Wallet(アトミックウォレット)は、新たにリップル(Ripple/XRP)の対応予定を発表した。同ウォレットは中央集権的な取引所を迂回できるように設計されている。

 

このウォレットはPCのデスクトップとスマホウォレット(iOS/Android)に対応しており、パスワード・データはこのAtomic Walletのサーバーに保管されるのではなく、利用者の利用端末に保管されるため、Atomic Walletへの攻撃による資産の損失リスクなどは、他のウォレットサービスと比較すると低いものとなっている。また、資産はブロックチェーンに保存されている。ただ、このウォレットが全くリスクのないもの、というわけではなく誤送信やバックフレーズの紛失などによる資産の損失は当然存在する。

しかし暗号通貨を法定通貨の取引を行うのではなく、コイン同士の交換をメインに行っている人にとっては利用しやすいものとなっているのではないかと思われる。

関連記事

  1. ECBドラギ氏、仮想通貨を軽視

  2. Coinbaseへの上場検討で価格急騰

  3. トランプ氏の当選でビットコインが高騰

  4. 仮想通貨の割安・割高ランキング

  5. スペイン、暗号通貨等への規制見直し[スイス等を参考に]

  6. AMPLE!、ICO第1弾の『Premiumu Sale』で約1億円の…

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ