ニュース

「BTCは金よりも有用性が高い」

ノーベル経済賞受賞者であるクルーグマン教授は、暗号通貨に懐疑的で、批判的な発言を行っていたが、ブロックチェーンカンファレンスでは「ビットコインは金よりも有用性が高い」と評価した。

 

この評価に「ついに価値が理解できたか」とする人もいれば、「手のひら返し」と冷やかす人もいたが、批判的な立場をとっていた方が、好意的な立場になるのはうれしいことだ。人は簡単に自分の過去の発言を改められない。特に同氏は「ビットコインは悪魔」と題したブログを公開していたり、ビットコインの懐疑論を発表していた。そんな同氏が、これまでの意見を翻す「ビットコインは金よりも有用性がある」と発言したことは、なにか技術への誤解が解けたのか、それとも新たな可能性を見出したのか、どちらにせよ良い方向へと変わっていく兆しではないだろうか。

関連記事

  1. 昨日(11/3)のニュースまとめ

  2. AirAsia独自暗号通貨発行し、マイレージや機内決済に導入

  3. ビットコイン雲下限までの戻りも意識される

  4. EOS,仲裁システムの権限を限定化

  5. インド政府がビットコインを投機として認めない?

  6. ウィズコイン、ついに集団訴訟か

PAGE TOP

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは