ニュース

日本でブロックチェーンを活用した投票は可能か

国内初のブロックチェーン技術とマイナンバーを活用したネット投票が茨城県つくば市で行われている。この投票にはつくば市民でなくともマイナンバーを所有していれば参加できるので興味のある方は参加してみてはいかがだろうか。

 

投票には参加率や費用の問題が毎回出てくる。期日前投票もあるが、忙しくてどれにも足を運べない人もいるだろう。また市役所と時間が合わない方も、市役所に行くまでに苦労する人もいる。さらに選挙などを行うにしても開票などにかかる人件費は数千万にも上るとされている。こうした問題をネット投票が可能になれば改善できるかもしれないのだ。

まずネットで投票ができることからわざわざ役所へ行く必要もなく、営業時間を気にする必要もない。またネット投票であれば、人間がわざわざ数える必要もないため人件費も抑えられる。もちろん、このネット投票システムを実用に向けて開発するのにも費用は掛かるが、投票結果の改ざんやミス、投票参加率といった問題は改善するだろう。今やだれもが持っているスマホを利用して投票を行え、時間もかからなくなれば、少なくとも今まで参加したくとも参加するのが難しかった人は参加できるようになる。

だが、実用化に向けては様々な課題がある。まずはマイナンバーの普及だ。マイナンバー制度を設けたものの医療機関や行政がこれをうまく使えているところは少ない。そしてこれらの機関が利用機会を提供しないために、国民にとっても無価値なものとして普及率は10%程度にとどまっている。この身分証明、本人確認に必要なマイナンバーが普及しないことにはどうにもならない。そしてネット投票を行うためのシステムだ。セキュリティ・安全性はもちろん、多くの人が参加することを考え、システムが様々な負荷に耐えられるように基盤を整える必要がある。小規模のものであれば問題はないかもしれないが、一斉に大人数が投票を送信することも考えなければならない。

こうした取り組みを一地方に負担させるのは難しいだろう。ただでさえブロックチェーン技術へ対する研究機関、支援、投資、制度が行われていない状況では、企業とつくば市で協力するだけでは苦しい。日本政府もそろそろ動き始めてほしいものである。

 

関連記事

  1. リミックスポイント誤報に言及

  2. 暗号通貨取引が違法に「サウジ」

  3. 中バイドゥ、ブロックチェーン技術を活用した子犬の育成ゲームを発表

  4. カナダの証券監督当局がICOを容認

  5. フィリピン経済特区で暗号通貨関連企業25社にライセンス

  6. 水面下での動きが注目されている2人の大物とは…

PAGE TOP

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは