ニュース

SBI、暗号通貨業界への意欲

SBIホールディングスは、暗号通貨交換業のみなし業者であるLastRoots(ラストルーツ)へ子会社を通じた追加出資を行ったことを発表した。

 

SBIは2017年からLastRootsへ投資目的で出資していたが、今回はこのLastRootsの金融庁への登録を目指し追加の出資、役員の派遣を行い支援を行う。今回の追加出資は出資比率を3割も引き上げた大規模な出資となっており、この役員派遣も金融業界でトップを走るSBIのもつ金融の知識や法令順守のために必要なノウハウを提供するためのものとなっており、いかにSBIが暗号通貨業界へ期待しているかがわかるものとなっている。

 

SBIホールディングスはSBI証券や住信SBIネット銀行、SBI損保といった金融商品、それらに関連するサービス・事業を行っている日本の金融持ち株会社である。元々はソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたが、同グループを離脱し現在に至る。

関連記事

  1. ICO投資の税務処理って?

  2. CoinField、11月2日よりXRP基軸市場提供開始

  3. 仮想通貨”保険”って?

  4. 暗号通貨のETP上場、世界への影響

  5. 遂にリリース!くりぷ豚

  6. 暗号通貨NEMとカフェの1日限定コラボ

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨での国債発行検討[アフガニスタン・ウズベキスタン・チュニジア]

ニュース

SBI HD・FPT,Utopへ約3億円の出資[ベトナムでのポイントシステム]

ニュース

取引所bitFlyer、証拠金取引サービスの変更を延期

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定