ニュース

SBI、暗号通貨業界への意欲

SBIホールディングスは、暗号通貨交換業のみなし業者であるLastRoots(ラストルーツ)へ子会社を通じた追加出資を行ったことを発表した。

 

SBIは2017年からLastRootsへ投資目的で出資していたが、今回はこのLastRootsの金融庁への登録を目指し追加の出資、役員の派遣を行い支援を行う。今回の追加出資は出資比率を3割も引き上げた大規模な出資となっており、この役員派遣も金融業界でトップを走るSBIのもつ金融の知識や法令順守のために必要なノウハウを提供するためのものとなっており、いかにSBIが暗号通貨業界へ期待しているかがわかるものとなっている。

 

SBIホールディングスはSBI証券や住信SBIネット銀行、SBI損保といった金融商品、それらに関連するサービス・事業を行っている日本の金融持ち株会社である。元々はソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたが、同グループを離脱し現在に至る。

関連記事

  1. 暗号通貨普及に必要なのは技術か信頼か

  2. 1週間(10/28~11/4)のニュースまとめ

  3. 仮想通貨ウォレットを狙った新たなマルウェアが発見される。

  4. 認可取引所で匿名通貨Zcashの上場!

  5. 【PR記事】MINDOL、2度目のTOB実施中

  6. アンドロイド向けのアプリ初登場

PAGE TOP

ニュース

MyEtherWallet、KYCなしに暗号通貨・法定通貨取引可能に

ニュース

みずほ、[J-coin-Pay]サービス3月から開始!!

ニュース

返済できない負債を暗号通貨で返済[WFCの実態]

ニュース

証券業界、利便性向上のための構想[ブロックチェーン技術・DLT]

ニュース

Ripple社、[Just-in-time]の重要性について語る[Mercury…

ニュース

Liquidでも、クレジット・デビットカード決済可能に

ニュース

昨日(2/21)のニュースまとめ

ニュース

GMO.レバレッジ取引専用ツールの提供