ニュース

アメリカも、自主規制団体設立

世界大手の暗号通貨取引所Gemini(ジェミニ)、bitFlyerUSA(ビットフライヤー)、BittereX(ビットレックス)、Bitstamp(ビットスタンプ)は暗号通貨を含めたデジタル商品の自主規制団体、The virtual Commodity Association(仮想通貨商品協会)を設立した。

 

今現在アメリカでは取引所に対して直接的に規制を行えるような機関は存在しないため、取引所それぞれの自主規制に任せて動いている状況となっている。もちろん、アメリカの商品先物取引委員会(CFTC)や証券取引委員会(SEC)が動く場合もあるが、直接的に関与できる権限はない。こうした状況、不正取引や価格操作の問題を改善しようとこの団体は設立された。まずはCFTCと協力し、暗号通貨業界全体の基準を策定していき透明性を高めていく方針で、初会合は9月に行われる予定となっている。

ただ、この新団体に同国大手取引所であるCoinbase(コインベース)が参加していないことに不安を覚える声もある。CoinbaseはSECの規制に従うという考えで動いてきた取引所であるため、この新団体へ不参加には何か理由があるのではないかと勘ぐってしまうのも無理はないのかもしれない。

 

関連記事

  1. 仮想通貨のトークン利用で渋滞解消

  2. ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)とは

  3. 電子マネー発行に対する規制[ルーマニア]

  4. LINEアプリ1つでなんでも[保険・決済・投資・BITBOX]

  5. 3社のみとなったみなし業者の1社、LastRootsのc0banとは

  6. 韓国でも広がる仮想通貨投資

PAGE TOP

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは