ニュース

Coinbase、唯一無二の存在となるか

世界大手の暗号通貨取引所、Coinbase(コインベース)が今後、地位を確立した存在となる可能性がある、と資産運用企業Sanford C.Bernstein&Coに評価されている。

 

最近では暗号通貨を利用したギフトカードサービスや決済サービス、そして資産管理サービス、ウォレットの多機能化、取引上限引き上げと取引の利便性を高めるだけでなく、暗号通貨を利用する機会の提供を行っているCoinbaseは注目の的だ。多くの取引所が取り扱いコインの種類を増やすことで注目を集める中、Coinbaseは取引そのものを中心としたサービスではなく暗号通貨を利用するためのサービスを中心に事業の拡大を行っている。

また機関投資家からの注目も高まっている状況では、伝統的なサービスである「資産管理」は投資家たちの参入を促すには必要なものだろう。また取り扱い通貨をむやみに増やさず、「SECの判断を待つ」という慎重な姿勢も投資家が動きやすい環境づくりになっているのではないだろうか。

関連記事

  1. 中国銀行のフィンテック計画の中にRippleが入る

  2. ポルトガルでビットコイン投資に課税の流れ

  3. Wi-Fi機器でマイニング

  4. ベネズエラ、暗号通貨銀行設立計画

  5. ソニーはブロックチェーンで特許

  6. ビットコイン、ストックホルム市場で取り扱い開始

PAGE TOP

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは