ニュース

Ripple、中国市場進出目指す

Ripple社は国際送金の利便性・範囲を広げるために中国市場への進出を計画していることを明らかにした。

 

中国はブロックチェーン技術への関心が高く国を挙げて、研究開発・企業への投資、人材の育成、技術者への優遇処置などを行っている。しかし暗号通貨に関しては資金が海外へ流れることを危険視し、法定通貨と暗号通貨の取引は禁止されている。また暗号通貨関連事業に関しても検閲が入る非常に暗号通貨に対して厳しい姿勢となっている。そのためXRPを利用するRippleの国際送金技術は政府は認めないのではないかと考えられている。

ただRippleの提供するサービスにはXRPを利用しない技術も存在しているため、RippleのXRPを利用しないxCurrent(エックスカレント),xVia(エックスヴィア)が採用される可能性もあるのではないか、ともされている。いずれにしてもいきなり政府と動くのではなく、中国国内の金融機関との提携が必要とされている。

 

↓↓関連記事↓↓

関連記事

  1. ブロックチェーン技術、食品にも適用へ

  2. Zaif、新規登録者キャンペーン

  3. Ripple、社会貢献を目的に新なプロジェクト/ナスダックXRP上場の…

  4. モナコインが中国取引所QBTCに上場

  5. ロシア「債務返済での仮想通貨差し押さえを否認」と裁判所

  6. 1週間(8/27~9/2)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場