ニュース

Ripple、中国市場進出目指す

Ripple社は国際送金の利便性・範囲を広げるために中国市場への進出を計画していることを明らかにした。

 

中国はブロックチェーン技術への関心が高く国を挙げて、研究開発・企業への投資、人材の育成、技術者への優遇処置などを行っている。しかし暗号通貨に関しては資金が海外へ流れることを危険視し、法定通貨と暗号通貨の取引は禁止されている。また暗号通貨関連事業に関しても検閲が入る非常に暗号通貨に対して厳しい姿勢となっている。そのためXRPを利用するRippleの国際送金技術は政府は認めないのではないかと考えられている。

ただRippleの提供するサービスにはXRPを利用しない技術も存在しているため、RippleのXRPを利用しないxCurrent(エックスカレント),xVia(エックスヴィア)が採用される可能性もあるのではないか、ともされている。いずれにしてもいきなり政府と動くのではなく、中国国内の金融機関との提携が必要とされている。

 

↓↓関連記事↓↓

関連記事

  1. テックビューロの本店がシェアオフィスだとメディアが批判、朝山代表反論

  2. ロシアの最高裁、暗号通貨と禁止控訴へ見直し要求

  3. 独仏財務相、G20でのビットコイン取り締まり協議を要請

  4. 深刻化する人材不足、デジタル技術への理解

  5. ロシアのマイニングファームがICOを開催

  6. ブロックチェーンで人身売買を無くす

PAGE TOP

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入

ニュース

昨日(1/16)のニュースまとめ

ニュース

資金洗浄・テロ資金供与とは[基礎知識]

ニュース

Liquid、QASH保有量・期間に応じてXRPプレゼント

ニュース

昨日(1/15)のニュースまとめ