ニュース

Binance、法定通貨建て取引所を設立

世界大手の暗号通貨取引所、Binance(バイナンス)は新たに法定通貨建ての取引所、Binance LCXの設立を発表した。このBinance LCXは中央ヨーロッパ、リヒテンシュタインに設立される。

 

このBinance LCXはまずスイスフランとユーロで暗号通貨取引の提供を行う。法定通貨建てで取引することで、まだ暗号通貨が普及していない欧州での取引増加を目指す。暗号通貨取引に参入しやすくするために、法定通貨建てにすると同時に、欧州経済領域として機能しているリヒテンシュタインに設立している。

リヒテンシュタイン公国は暗号通貨・ブロックチェーン技術に関して友好的な国であり、現にこれらを事業で利用しやすくするために規制法案を整備しなおしている。特に同国首相はブロックチェーン技術の多様な応用性に期待しており、金融だけでなく経済、サービス全体に重要なものだととらえている。そのため関連する企業や事業に支援を行う方針を示している。またこれらの技術への友好国であるだけでなく、租税回避地として理想的な場所、ヨーロッパの金融中心的な国であることからも同国は注目されている国でもある。

ちなみに同国は普墺戦争を契機に今日まで非武装中立政策をとっている国である。

 

↓↓Binance 関連記事↓↓

関連記事

  1. コインチェック、6月中に全面再開予定

  2. 昨日(6/15)のニュースまとめ

  3. マウントゴックス事件有力者、暗殺される可能性

  4. チャレンジャー・グレイ&クリスマス、将来はBTCでの給与支払…

  5. 米VCの500スタートアップス、中国の仮想通貨取引所「火幣」と提携しス…

  6. ビットフィネックス、BTCの出金手数料引き下げ、0.0004BTCへ

PAGE TOP

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは