ニュース

LINE,投資で技術提携

インタネット関連事業株式会社、LINEはブロックチェーン技術関連のスタートアップ企業への投資ファンドを設立したと発表した。この投資枠は約11億円で、この投資を通じてスタートアップ企業と連携し、自社サービスの利便性向上を狙う。

 

LINEは以前からブロックチェーン技術を活用した新たな事業戦略の構想についての発言を行っていた。ブロックチェーン技術だけでなく同社子会社は暗号通貨取引所BITBOXを運営している。ブロックチェーン・暗号通貨・QRコード決済と金融業界への参入も視野に入れている。同社が広く利用されていることから、同社のこの新技術への動きが日本国内の技術普及につながるのではと期待される。

LINEは韓国最大インターネットサービス会社のNAVERの100%子会社で日本に設立された。

 

↓↓関連記事↓↓

関連記事

  1. 第二回「仮想通貨交換業者等に関する研究会」開催

  2. スタバが仮想通貨決済検討か

  3. 米国証券取引委員会がICO調査

  4. NEMが悪いわけではない ~コインチェック問題~

  5. 5月22日は『ビットコイン・ピザ』記念日

  6. 国内取引所QUOINEがICOで資金調達へ

PAGE TOP

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは