ニュース

Bitmain、5万BTCほど売却か

ビットコインのハッシュレート42%も独占するほどの世界最大手マイニング社、Bitmain(ビットメイン)がビットコイン(Bitcoin/BTC)を売却し、ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)を購入していたことが判明した。2016年に71,560BTCだったが、2018年には148,207BTCになっている。

 

Bitmain社は以前からBCH寄りの発言、行動をとっており、BCHの価格にも影響を与える存在となっていたため、この行動はそれほど新鮮味のある話題ではないかもしれない。しかしマイニング事業において世界最大手であり、マイニング専用チップASICも市場独占状態の同社の影響力は計り知れない。そんな同社が暗号通貨全体からBCHというより規模の小さい一つのコインに集中することは危険ではないかという不安がある。

ASICでもマイニングに特化したものであるため効率はもちろん、環境に配慮できるものとして評価されているものの、Bitmainが独占している状況から、コインへの影響を考え各コイン開発者はASIC排除のためのハードフォークを行っている。

ただ、Bitmain社も自社の影響力からマイニング事業の透明性を高めるポリシーを公表するなどの対策を行っている。

 

↓↓関連記事↓↓

関連記事

  1. SWIFT主催のカンファレンスにRipple社参加

  2. 3種の基軸通貨を取り扱う取引所[ナイジェリア]

  3. 「情報銀行」への日本企業・団体・政府の動き

  4. ライトコインキャッシュは市場に受け入れられるのか

  5. マイニングでの誤認逮捕に備えよう

  6. IBMら大手銀行参加計画で試験取引実施

PAGE TOP

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは