ニュース

暗号通貨詐欺多発で注意喚起[イギリス]

イギリスでは今年の6月・7月のおよそ2カ月間で、暗号通貨詐欺の被害額が250万ドル(約)だったことを受けて国民に対して注意喚起を行っている。

 

暗号通貨がまだ一部の人にしか認知されていないときには、その知識を持っている人の少なさから犯罪に多く利用されていた。しかし技術に関する知識が広まると、匿名通貨であっても取引記録は残ってしまうために犯罪利用の量は激減した。しかし暗号通貨の価格が急騰し「一攫千金」を狙えるものとして認識されてしまった今では、詐欺師にとって都合のいいものとして利用されてしまっている。

詐欺師たちは詐欺コインを売りつけるものから、割高な価格で売りつけるといったもの、マイニング投資など様々な種類の詐欺行為を行っている。メールで情報を盗むものや取引所のサイトをまねて利用者をだまし、個人情報を盗むということもある。一つの手段を禁じても次から次へと新たな詐欺が生み出されることから、完全に詐欺というものを撲滅することは難しいだろう。だからこそどれほど「安全」と評されていても一度自分でも情報を確認するという自己防衛が求められる。

イギリスではこうした暗号通貨が普及するにつれ詐欺が増えている状況に対応するため、ロンドン市警に暗号通貨知識を身に着けさせるプロジェクトが行われている。

 

↓↓関連記事↓↓

関連記事

  1. Huobi、国内登録済み業者買収、市場への影響は

  2. トロン、法定通貨取引の拡大

  3. 日本銀行のブロックチェーン・暗号通貨への取り組み

  4. 仮想通貨のイベントスケジュール

  5. Androidも⁈マイニング禁止へ

  6. ロシア、W杯や制裁の影響で暗号通貨導入増加

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ