ニュース

暗号通貨を禁止し、暗号トークン化⁈

インドでは暗号通貨への規制をめぐって様々な意見がでているが、政府は暗号トークンの国内使用を許可するかの検討を行っているようだ。暗号トークンとは暗号通貨ではなく、ポイント、電子マネーなど既存の価値が保証されたものをトークン化したものを指しているようだ。

 

インドでは現在、中央銀行による規制で暗号通貨取引が禁止されている。中銀が金融機関へ「暗号通貨取引・サービスを利用している企業や個人との関係は絶て」と命じたためだ。ただ、政府は「暗号通貨を禁止するのではなく、先物取引で扱われるように法規制を進める」といった考えを示していた。また政府傘下の法律委員会では「クレジットカードのような電子決済手段」として暗号通貨を認識しているとしていた。しかし、インド財務省の経済局(DEA)は暗号通貨に関しては厳しい姿勢のようだ。

国内の政府機関であってもそれぞれで規制の厳しさ、暗号通貨への認識に差がある。DEAは暗号通貨を出金詐欺ととらえており、決済システムを含めたいかなるものも受け入れるつもりはないようだ。ただ、ブロックチェーン技術には力を入れている同国であるため、暗号通貨そのものを否定しても、暗号トークン化することには前向きなようだ。暗号通貨を禁止しつつ、価値があるものに関しては、暗号トークン化を行い利便性・透明性を高めていく方針なのだろうか。しかしこの暗号トークン化がインド全体で導入されれば、同国内のブロックチェーン産業はより活発化するだろう。

 

↓↓関連記事↓↓

関連記事

  1. ワイオミング州、暗号資産を3つに分類[日本での仮想通貨の定義]

  2. 金融庁、サイバーセキュリティに関するレポート公表

  3. Zaif事業譲渡の手続き開始[フィスコに譲渡後もサービス内容に変更なし…

  4. IBM、インドで開催されるブロックチェーンのイベントをスポンサー

  5. 金融機関、暗号通貨に対して友好的に

  6. 欧州も本人確認の義務付けに動く

PAGE TOP

ニュース

分散投資とは[リスクを抑えるためにできること]

ニュース

SWIFT,国際送金の速度改善[最速で13秒で送金完了]

ニュース

世界でATM減少、中国では前年比-6.8%[キャッシュレス決済]

ニュース

取引所で30万件の個人情報流出[クレジットや取引情報を公開]

ニュース

昨日(7/22)のニュースまとめ

ニュース

JVCEA、金融庁に税制改正要望書提出[暗号通貨の取引環境]

ニュース

イラン、マイニングの電力価格決定[通常より割高な設定]

ニュース

AerialPartners、[Guardianプレミアム]の受付開始