ニュース

ウクライナ、5%の課税検討へ

ウクライナで暗号通貨と法定通貨の取引・マイニングの収入に対して5%の課税を行う法案が検討された。だたこの法案では暗号通貨間の交換による利益に対しての課税は対象外とし、あくまで法定通貨が絡む際の取引にのみ課税を考えているようだ。

 

ウクライナでは暗号通貨に対する法規制が整っていない。しかし、法規制のための議論は多く行われており、暗号通貨に対しては友好的な姿勢である。暗号通貨を金融商品として扱い、関連事業に関しても公式事業としての地位を与えるという見当もなされている。過度な規制は発展を阻害するという共通の認識から、暗号通貨に関しては透明性を求めながらも自由な規制を設けることが検討されている。

またICO規制に関しては意見が割れているようだが、マイニングに関しては特別な規制を設けることはしないという方針であるとしていた。

今回検討された、法定通貨と暗号通貨での取引・マイニング収入への課税は、これらを規制する計画はないということがわかる。また日本のような「技術は世界一」「暗号通貨でトップを」などと言いながら、最大55%の課税を設けるような国とは違い、ウクライナでは5%の課税のようだ。現段階ではこの税率であるが、最終的にはどうなるかわからない。しかし暗号通貨間の取引は課税対象外という取引に関しての理解度から、過度な徴税は行われないとみられる。

 

↓↓関連記事↓↓

関連記事

  1. Bittrexは3月末で80種以上のコインウォレットを廃止へ

  2. XRP系ICO開始か

  3. BTCを手に入れるゲームアプリ!

  4. インスタ、ブロガー、広告料を仮想通貨で受領も

  5. xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

  6. モーニングスターで暗号通貨アプリリリース

PAGE TOP

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは