ニュース

IOTA、組織改編で問題解決へ

IOTA財団は運営上層部での話し合いの不透明さや情報管理の問題から、組織改編へを行い問題解決を試みる。

IOTA財団はドイツで登録されている非営利団体であり、そのために法律下で動く必要がある。しかしIOTA創設者が理事会へアクセスできない状況や創設者と理事会の協議内容が漏洩したといった運営の不透明さ、管理体制に問題が見られた。こうした運営状況では法律遵守・健全な運営ができないとみて、今回の組織改編への動きとなった。

IOTAはブロックチェーン技術とは異なるDAG技術を採用しており、非常に注目されているプロジェクトではあったが、こうした状況から提携状態にあったロンドン大学とは完全に関係を解消されている。また世界初のブロックチェーンスマホで注目を集めているSIRIN も、当初予定していたIOTA技術の採用を見送り、Ethereum技術の採用へ変更した。これはIOTAコミュニティの未熟さからではないかという意見も出ている。

IOTAの運営上層部とIOTA創設者の大きな齟齬、乖離は以前から問題となっていた。

↓↓関連記事↓↓

関連記事

  1. GMOのBTCハッシュレート、1%なるか

  2. ビットコイン急落が続き、ついに11万円台前半へ。

  3. GMO給与をビットコインで受け取り可能

  4. マウントゴックス破産財団の売却影響で20%下落する可能性も

  5. DAOがハッキングされ、イーサリアムの価値が暴落。

  6. ブロックチェーン技術・スマートコントラクトを学ぶなら…

PAGE TOP

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]

ニュース

AUDを担保にしたステーブルコイン発行へ[ステーブルコインに注目集まる]

ニュース

中国第5回格付け発表、Binanceもコイン評価開始へ

ニュース

1週間(9/18~9/24)のニュースまとめ

ニュース

Zaifに資金援助するFISCO、援助できるほど資金に余裕があるのか

ニュース

ICOへの規制どうなるか[SEC、ICO強化へ動く?]

ニュース

デジタル遺品、相続できる準備整ってますか[終活のデジタル化]

ニュース

日本円を担保にしたステーブルコイン発行へ