ニュース

IOTA、組織改編で問題解決へ

IOTA財団は運営上層部での話し合いの不透明さや情報管理の問題から、組織改編へを行い問題解決を試みる。

IOTA財団はドイツで登録されている非営利団体であり、そのために法律下で動く必要がある。しかしIOTA創設者が理事会へアクセスできない状況や創設者と理事会の協議内容が漏洩したといった運営の不透明さ、管理体制に問題が見られた。こうした運営状況では法律遵守・健全な運営ができないとみて、今回の組織改編への動きとなった。

IOTAはブロックチェーン技術とは異なるDAG技術を採用しており、非常に注目されているプロジェクトではあったが、こうした状況から提携状態にあったロンドン大学とは完全に関係を解消されている。また世界初のブロックチェーンスマホで注目を集めているSIRIN も、当初予定していたIOTA技術の採用を見送り、Ethereum技術の採用へ変更した。これはIOTAコミュニティの未熟さからではないかという意見も出ている。

IOTAの運営上層部とIOTA創設者の大きな齟齬、乖離は以前から問題となっていた。

↓↓関連記事↓↓

関連記事

  1. 銀行に利用される暗号通貨XRP

  2. Bittrexが一部の仮想通貨を米ドルで取引可能へ

  3. Mt.GOX事件で失われたビットコインの調査が終了した模様

  4. サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

  5. MoneyTap、サービス開始!![順次対応金融機関拡大]

  6. 1週間(9/10~9/17)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

金融庁、送金業務特化の新たな区分[フィンテック促進へ]

ニュース

Ginco、日本マイクロソフトと提携‼[ブロックチェーン開発促進]

ニュース

Bitmain、最新ASICチップ発表[電気効率28%も上昇]

ニュース

リクルート、ブロックチェーン企業へ出資[新たな匿名化技術]

ニュース

昨日(2/18)のニュースまとめ

ニュース

クリプトリンク、税理士検索サービスをリリース

ニュース

みずほ情報総研、ブロックチェーン活用プラットフォームの実証実験

ニュース

みんなのビットコイン、サービススケジュール[楽天での暗号通貨決済]