ニュース

IOTA、組織改編で問題解決へ

IOTA財団は運営上層部での話し合いの不透明さや情報管理の問題から、組織改編へを行い問題解決を試みる。

IOTA財団はドイツで登録されている非営利団体であり、そのために法律下で動く必要がある。しかしIOTA創設者が理事会へアクセスできない状況や創設者と理事会の協議内容が漏洩したといった運営の不透明さ、管理体制に問題が見られた。こうした運営状況では法律遵守・健全な運営ができないとみて、今回の組織改編への動きとなった。

IOTAはブロックチェーン技術とは異なるDAG技術を採用しており、非常に注目されているプロジェクトではあったが、こうした状況から提携状態にあったロンドン大学とは完全に関係を解消されている。また世界初のブロックチェーンスマホで注目を集めているSIRIN も、当初予定していたIOTA技術の採用を見送り、Ethereum技術の採用へ変更した。これはIOTAコミュニティの未熟さからではないかという意見も出ている。

IOTAの運営上層部とIOTA創設者の大きな齟齬、乖離は以前から問題となっていた。

↓↓関連記事↓↓

関連記事

  1. 日本のブロックチェーン産業も活発に

  2. アメリカ、投資家保護を議論

  3. ウィキペディアの創設者が警告

  4. 待望のセグウィット実装

  5. サンタンデール、投票にブロックチェーン技術導入

  6. SAPはブロックチェーンに関する計画にメンバーを大幅追加

PAGE TOP

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは