ニュース

SNS、情報汚染対策を

大手SNS企業、TwitterとFacebookが今年1月から計7億ものアカウントを削除したようだ。これはサイト上で偽アカウントによる口コミ・レビュー、などの偽情報が拡散される問題が大きくなっているためだ。

 

偽アカウントによる偽情報に惑わされ、混乱を招く事態も目立ってきている。特に災害時の偽情報(偽被害、動物脱走など)は悪質だ。また、偽アカウントによる詐欺も横行している。「暗号通貨の無料配布」としてウォレット情報を盗むといったこともある。セキュリティ会社による調査報告では、暗号通貨のインフルエンサーを装った偽アカウントが8800万も存在しているとされている。

情報があふれている現代では、簡単に情報を得ることができるが、その分何が正しいものか見極めるのが困難になっている。だからこそソースやエビデンスを示しているものや同じような情報を比較するということが必要になる。Twitterの「パクツイ」を見極めることもそういった情報の取捨選択をするいい練習になるのではないだろうか。

今回SNSサイトがアカウント削除へ動いたが、偽アカウントの撲滅は難しいだろう。だからこそ利用者である我々も、偽情報への知識・対策を身に着けることが求められる。

関連記事

  1. 日銀「中銀発行デジタル通貨の計画はない」

  2. 米下院がヒアリング、政府サイバーセキュリティ対策のブロックチェーン活用…

  3. 活発になる欧州の動き[ドイツで取引所開設へ]

  4. ウィンクルボス兄弟、有限信託会社を設立か

  5. NASDAQ、ブロックチェーン技術を未公開株式市場に活用

  6. Mr.Exchangeが人材募集

PAGE TOP

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入

ニュース

昨日(1/16)のニュースまとめ

ニュース

資金洗浄・テロ資金供与とは[基礎知識]

ニュース

Liquid、QASH保有量・期間に応じてXRPプレゼント

ニュース

昨日(1/15)のニュースまとめ