ニュース

SNS、情報汚染対策を

大手SNS企業、TwitterとFacebookが今年1月から計7億ものアカウントを削除したようだ。これはサイト上で偽アカウントによる口コミ・レビュー、などの偽情報が拡散される問題が大きくなっているためだ。

 

偽アカウントによる偽情報に惑わされ、混乱を招く事態も目立ってきている。特に災害時の偽情報(偽被害、動物脱走など)は悪質だ。また、偽アカウントによる詐欺も横行している。「暗号通貨の無料配布」としてウォレット情報を盗むといったこともある。セキュリティ会社による調査報告では、暗号通貨のインフルエンサーを装った偽アカウントが8800万も存在しているとされている。

情報があふれている現代では、簡単に情報を得ることができるが、その分何が正しいものか見極めるのが困難になっている。だからこそソースやエビデンスを示しているものや同じような情報を比較するということが必要になる。Twitterの「パクツイ」を見極めることもそういった情報の取捨選択をするいい練習になるのではないだろうか。

今回SNSサイトがアカウント削除へ動いたが、偽アカウントの撲滅は難しいだろう。だからこそ利用者である我々も、偽情報への知識・対策を身に着けることが求められる。

関連記事

  1. ビットコイン470億円分購入者が現れる?

  2. ベトナムでオンライン取引に暗号通貨禁止

  3. アメリカ財務長官「仮想通貨がスイスの銀行口座にならないように」

  4. ビットコインを専用ATMでかんたん購入

  5. Bithumb、日本市場進出予定!

  6. 登録済み取引所(bitFlyer/QUOINE等)へ業務改善命令

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ