ニュース

Binance、上場手数料の真実

話題となった「Binanceへの上場手数料は400BTC」と暴露したのはEthereumフォークプロジェクトのExpanse共同創業者、Christopher Franko氏である。(実際のツイートは以下の通り

結論から言ってしまうと、この上場手数料は妥当だ。Binanceが特別割り増しして手数料を要求しているという金額ではないのだ。取引高上位10位前後の世界的な取引所では上場手数料として、2~5億円が相場となっている。相場となってはいるものの金額が大きいだけに、資金のない開発者には苦しい状況にはなっている。

ただ、この「上場手数料」が利益を上げれるビジネスとなっているのは確かだ。取引所ではなくとも、暗号通貨メディアや関連事業を行っている企業は上場サポートとして取引所の提示する手数料に上乗せして金額を要求し、利益を上げている。東京都内でも名刺も持たない怪しいブロガーが「○○に上場できますよ」「口利きしますよ」といった上場サポートビジネスを行っているほどである。そういった上場サポート込みの相場に比べれば、この取引所の提示する相場はいいほうではないだろうか。

だが、言ってしまえば「金を積めば上場させてもらえる」という状況であるのには変わりない。この状況は資金調達だけが取り柄の詐欺集団にとっては楽園のようだろう。事実、コインの森にも、都内の雑居ビルで「30億ほど資金を調達してしまったが、どうしたらいいのかわからない。とりあえず上場できる取引所を教えてくれ」という相談があった。また集団訴訟の準備が進められているウィズコインも一度はHitBTCへ上場、SpindleもYobitに上場している。上場手数料ののおかげで、資金も調達できないような実用性のない詐欺コインを排除できるのかと思いきや、実際は詐欺で資金を調達すればある程度名の知れた取引所へも上場できるという状況になってしまっている。

手数料についての是非が問われるが、法規制が整備されていない現段階では、なんとも動けない状況となっている。ただ、金を積めば上場できる取引所があるということは確かなので、「上場した」からといって「詐欺ではない」という証拠にはならないので、十分すぎるほど慎重になって投資を行うべきであることは確かである。投資は自己責任であり、だれも助けてはくれないことは忘れてはいけない。

 

↓↓関連記事↓↓

関連記事

  1. 押収した暗号通貨、1400万ドルで売却

  2. 公共交通機関で暗号通貨決済導入[ブラジル]

  3. Bitfinexが取引を再開、BFXトークンの発行で損失を補てんへ。

  4. ドイツの当局がICOに警告

  5. FSHO 金融庁から登録拒否される

  6. W杯の試合予想でETHゲット!

PAGE TOP

ニュース

Coinbase、唯一無二の存在となるか

ニュース

Exodus、XRPに対応

ニュース

世界、ブロックチェーン技術を選挙に活用

ニュース

NetCents、新たに5つのコインに対応

ニュース

マイニング業界のこれから

ニュース

水面下での動きが注目されている2人の大物とは…

ニュース

BITPoint、本田圭佑氏をイメージキャラクターに

ニュース

昨日(8/19)のニュースまとめ