ニュース

フィリピン、経済特区で雇用創出

フィリピン政府はカガヤン経済特区庁へ1億ドルの出資を行い、1万人以上の雇用創出を目指している。カガヤン経済特区は東南アジアのシリコンバレーを目指し、企業の誘致や優遇措置といった取り組みが行われている。

カガヤン経済特区は税を含む様々な優遇があることや、中国・香港といった経済の中心地に1時間程度で行けるという立地の良さから企業から注目を集めている。政府はこの特区でデジタル経済の発展を促し、新たな雇用の創出を狙っている。特にブロックチェーン技術、暗号通貨といった今後のフィンテック分野に欠かせないであろう技術に関して力を入れている。

すでに同特区では企業の審査を行い、通過した企業にライセンスの付与や規制の整備は行われている。

 

↓↓フィリピン関連記事↓↓

関連記事

  1. マレーシア中銀の新規制

  2. モナコインが中国取引所QBTCに上場

  3. 中国のビットコインスタートアップBTC123がいくつかのサービスを停止…

  4. 誇大広告をブロックチェーンで防ぐ

  5. サンフランシスコ連邦準備銀行総裁、暗号通貨否定

  6. ヤフーが仮想通貨ビジネスに参戦

PAGE TOP

ニュース

Coinbase、唯一無二の存在となるか

ニュース

Exodus、XRPに対応

ニュース

世界、ブロックチェーン技術を選挙に活用

ニュース

NetCents、新たに5つのコインに対応

ニュース

マイニング業界のこれから

ニュース

水面下での動きが注目されている2人の大物とは…

ニュース

BITPoint、本田圭佑氏をイメージキャラクターに

ニュース

昨日(8/19)のニュースまとめ