ニュース

Microsoft、暗号通貨関連事業に積極的

世界的なソフトウェア企業、Microsoft(マイクロソフト)はイーサリアム(Ethereum)のブロックチェーンを利用したプラットフォーム、Ethereum Proof of Asthority on Azureを発表した。

 

このプラットフォームは企業向けに開発されたもので、企業が一から開発しなくともEthereumブロックチェーン上にアプリケーションを構築できるようにするためのものとなっている。近年、企業のブロックチェーン技術への関心は高まっているもののその専門性の高さから、簡単には手が出せないものとなっている。またブロックチェーン技術者も不足していることも、ブロックチェーン技術導入を足止めしてしまう要因ともなっている。そういった現状を改善しようとテクノロジー企業はこういったプラットフォームの開発に力を入れている。こうしたプラットフォームはMicrosoftだけでなく、Amazonもおこなっている。

Microsoftは暗号通貨取引所Bakktのプラットフォーム開設や世界銀行のブロックチェーンを利用した債券の発行のプラットフォーム担当としても活躍している。

↓↓関連記事↓↓

関連記事

  1. 品川にコワーキングスペース、オープン

  2. bitFlyerヨーロッパでも交換業開始

  3. SBIがブロックチェーンと人工知能のファンド設立

  4. ブロックチェーン大学校が開講、初回は公開形式で

  5. ロシアがICO整備に動く

  6. 国内取引所、体制の変化[bitFlyer・みんなのBitcoin・bi…

PAGE TOP

ニュース

MyEtherWallet、KYCなしに暗号通貨・法定通貨取引可能に

ニュース

みずほ、[J-coin-Pay]サービス3月から開始!!

ニュース

返済できない負債を暗号通貨で返済[WFCの実態]

ニュース

証券業界、利便性向上のための構想[ブロックチェーン技術・DLT]

ニュース

Ripple社、[Just-in-time]の重要性について語る[Mercury…

ニュース

Liquidでも、クレジット・デビットカード決済可能に

ニュース

昨日(2/21)のニュースまとめ

ニュース

GMO.レバレッジ取引専用ツールの提供