ニュース

Microsoft、暗号通貨関連事業に積極的

世界的なソフトウェア企業、Microsoft(マイクロソフト)はイーサリアム(Ethereum)のブロックチェーンを利用したプラットフォーム、Ethereum Proof of Asthority on Azureを発表した。

 

このプラットフォームは企業向けに開発されたもので、企業が一から開発しなくともEthereumブロックチェーン上にアプリケーションを構築できるようにするためのものとなっている。近年、企業のブロックチェーン技術への関心は高まっているもののその専門性の高さから、簡単には手が出せないものとなっている。またブロックチェーン技術者も不足していることも、ブロックチェーン技術導入を足止めしてしまう要因ともなっている。そういった現状を改善しようとテクノロジー企業はこういったプラットフォームの開発に力を入れている。こうしたプラットフォームはMicrosoftだけでなく、Amazonもおこなっている。

Microsoftは暗号通貨取引所Bakktのプラットフォーム開設や世界銀行のブロックチェーンを利用した債券の発行のプラットフォーム担当としても活躍している。

↓↓関連記事↓↓

関連記事

  1. 昨日(7/15)のニュースまとめ

  2. 昨日(9/13)のニュースまとめ

  3. モルドバ共和国の規制状況

  4. オーストラリア、仮想通貨関連の詐欺による2017年の被害総額は210万…

  5. 国内で仮想通貨に対する政府の監視強化へ

  6. イギリスでは犯罪捜査にブロックチェーン技術を応用

PAGE TOP

ニュース

昨日(9/20)のニュースまとめ

ニュース

厳しい対応迫られる取引所と、着実に成長するCoinbase

ニュース

不正マイニングは不起訴、広告としての可能性からか?

ニュース

Zaif、67億円分流失 [経営陣は辞任へ]

ニュース

昨日(9/19)のニュースまとめ

ニュース

3社のみとなったみなし業者の1社、LastRootsのc0banとは

ニュース

IT人材育成に貢献している会津大学、ブロックチェーン技術講義開始

ニュース

取引所オペレーターと詐欺主犯結託、被害額は9,000万円