ニュース

Microsoft、暗号通貨関連事業に積極的

世界的なソフトウェア企業、Microsoft(マイクロソフト)はイーサリアム(Ethereum)のブロックチェーンを利用したプラットフォーム、Ethereum Proof of Asthority on Azureを発表した。

 

このプラットフォームは企業向けに開発されたもので、企業が一から開発しなくともEthereumブロックチェーン上にアプリケーションを構築できるようにするためのものとなっている。近年、企業のブロックチェーン技術への関心は高まっているもののその専門性の高さから、簡単には手が出せないものとなっている。またブロックチェーン技術者も不足していることも、ブロックチェーン技術導入を足止めしてしまう要因ともなっている。そういった現状を改善しようとテクノロジー企業はこういったプラットフォームの開発に力を入れている。こうしたプラットフォームはMicrosoftだけでなく、Amazonもおこなっている。

Microsoftは暗号通貨取引所Bakktのプラットフォーム開設や世界銀行のブロックチェーンを利用した債券の発行のプラットフォーム担当としても活躍している。

↓↓関連記事↓↓

関連記事

  1. 日本の現在のみなし業者

  2. FATF、規制に対して本格的に動き出す

  3. Ripple社、CoinbaseにXRPの上場依頼

  4. 暗号通貨専用の銀行と裁判所設立、検討へ

  5. ビットコインの価格と銃の販売数は比例する?

  6. 仮想通貨株のロングフィン株が続落、ラッセル指数から除外

PAGE TOP

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響