ニュース

Microsoft、暗号通貨関連事業に積極的

世界的なソフトウェア企業、Microsoft(マイクロソフト)はイーサリアム(Ethereum)のブロックチェーンを利用したプラットフォーム、Ethereum Proof of Asthority on Azureを発表した。

 

このプラットフォームは企業向けに開発されたもので、企業が一から開発しなくともEthereumブロックチェーン上にアプリケーションを構築できるようにするためのものとなっている。近年、企業のブロックチェーン技術への関心は高まっているもののその専門性の高さから、簡単には手が出せないものとなっている。またブロックチェーン技術者も不足していることも、ブロックチェーン技術導入を足止めしてしまう要因ともなっている。そういった現状を改善しようとテクノロジー企業はこういったプラットフォームの開発に力を入れている。こうしたプラットフォームはMicrosoftだけでなく、Amazonもおこなっている。

Microsoftは暗号通貨取引所Bakktのプラットフォーム開設や世界銀行のブロックチェーンを利用した債券の発行のプラットフォーム担当としても活躍している。

↓↓関連記事↓↓

関連記事

  1. 世界初、トークン交換のための通貨【PR記事】

  2. 中銀、法定通貨をトークン化決済システムの試験成功[南アフリカ]

  3. 暗号通貨業界の発展に必要不可欠な「教育」

  4. 「コインベース」規制を批判、英国への進出強化か

  5. ICOの46.6%、成果を上げていない

  6. 暗号通貨交換業者へ金商法適応か?!

PAGE TOP

ニュース

分散投資とは[リスクを抑えるためにできること]

ニュース

SWIFT,国際送金の速度改善[最速で13秒で送金完了]

ニュース

世界でATM減少、中国では前年比-6.8%[キャッシュレス決済]

ニュース

取引所で30万件の個人情報流出[クレジットや取引情報を公開]

ニュース

昨日(7/22)のニュースまとめ

ニュース

JVCEA、金融庁に税制改正要望書提出[暗号通貨の取引環境]

ニュース

イラン、マイニングの電力価格決定[通常より割高な設定]

ニュース

AerialPartners、[Guardianプレミアム]の受付開始