ニュース

放送料金をBCHで決済

アメリカの衛星放送(無線通信)サービス会社、DISH Network,Inc.(ディッシュ・ネットワーク)は暗号通貨ビットコインキャッシュ(BCH)での支払いを新たに導入することを発表した。

 

DISH Network,Inc.は1980年に設立した企業であり、スポーツチャンネルから地方局放送といった多種多様、非常に種類豊富なチャンネルを放送している。2007年時点で1300万世帯が加入している放送サービスを提供している。現時点では1320万世帯と推定されている。

そんな衛星放送大手である同社では新たにBCH決済の導入を進める。同社は2014年時からビットコイン(BTC)での決済を導入していた。同社は暗号通貨を利用する顧客、利用したいとする顧客が一定数いるという調査結果から、暗号通貨決済の導入を進めているという。

早くからビットコイン(BTC)での決済を導入してきた企業も、BTCだけでなく他の主要通貨を決済手段として受け入れる体制になってきている。これはBTC至上主義がやわらぎ、アルトコインにも目が向けられるようになったということを意味するのではないだろうか。コインによって何を目的に、どう利用されるように開発されたかは全く異なるので、こうした環境になることでもっと、各コインを有効的に利用できるようになるのではないだろうか。

↓↓関連記事↓↓

関連記事

  1. KBAで自主規制ルール発表

  2. 仮想通貨投資が集中

  3. 「ビットコインキャンディ」ハードフォークで誕生か!?

  4. ブロックチェーン特許取得は投資呼び込みとして活用

  5. 円相場急落

  6. メリルリンチがBTCの投信の受付を停止

PAGE TOP

ニュース

Coinbase、唯一無二の存在となるか

ニュース

Exodus、XRPに対応

ニュース

世界、ブロックチェーン技術を選挙に活用

ニュース

NetCents、新たに5つのコインに対応

ニュース

マイニング業界のこれから

ニュース

水面下での動きが注目されている2人の大物とは…

ニュース

BITPoint、本田圭佑氏をイメージキャラクターに

ニュース

昨日(8/19)のニュースまとめ