ニュース

放送料金をBCHで決済

アメリカの衛星放送(無線通信)サービス会社、DISH Network,Inc.(ディッシュ・ネットワーク)は暗号通貨ビットコインキャッシュ(BCH)での支払いを新たに導入することを発表した。

 

DISH Network,Inc.は1980年に設立した企業であり、スポーツチャンネルから地方局放送といった多種多様、非常に種類豊富なチャンネルを放送している。2007年時点で1300万世帯が加入している放送サービスを提供している。現時点では1320万世帯と推定されている。

そんな衛星放送大手である同社では新たにBCH決済の導入を進める。同社は2014年時からビットコイン(BTC)での決済を導入していた。同社は暗号通貨を利用する顧客、利用したいとする顧客が一定数いるという調査結果から、暗号通貨決済の導入を進めているという。

早くからビットコイン(BTC)での決済を導入してきた企業も、BTCだけでなく他の主要通貨を決済手段として受け入れる体制になってきている。これはBTC至上主義がやわらぎ、アルトコインにも目が向けられるようになったということを意味するのではないだろうか。コインによって何を目的に、どう利用されるように開発されたかは全く異なるので、こうした環境になることでもっと、各コインを有効的に利用できるようになるのではないだろうか。

↓↓関連記事↓↓

関連記事

  1. ニューヨーク州金融サービス局が不正を取り締まり!

  2. 【PR記事】$117M(約128億円)調達済みの暗号通貨決済プロジェク…

  3. 今週(10/14~10/21)の注目ニュース

  4. BTC小幅上昇、G20の声明待ちで小動き

  5. 7月のイベント

  6. LINE,投資で技術提携

PAGE TOP

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響