ニュース

社内専用暗号通貨サービス

エンターテインメントからオフショア開発を行っている株式会社オルトプラス(Alt Plus Inc.)が企業向けの社内暗号通貨サービスをリリースした。このサービス、communitio(コミュニティオ)ソフトバンク・ペイメント・サービスの決済サービスを活用している。

 

このcommunitioは会社内で利用するサービスとなっている。会社内での行動やプロジェクト成功への貢献度、規範的行動をとった社員への評価の一環として、社内専用仮想通貨を与えるというものになっている。この仮想通貨は社内のコンビニ・食堂などの施設で利用できるようになっており、特別手当のようなものとなっている。お互いに評価しあえるより良い環境づくりを目指すものとなっている。

このような取り組みは他企業でも行われており、静岡県のシステム開発のサンフロントは、独自の暗号通貨を運用し、このような取り組みを行っている。また同社では他人にもらうことで始めた価値が生まれるような形を採用している。詳しくは→https://coinsforest.com/p/9570/

こうした暗号通貨を利用したコミュニケーションは面白いかもしれない。常にだれかの良いとこ探しをする環境に自然となることが期待できる。ただ、あまり人と関わりたくない人にとっては、誰かに監視されているような、かかわることを強制させるような息苦しい環境となってしまうという可能性も十分ある。

 

 

関連記事

  1. 日本ブロックチェーン広告協会が設立

  2. 世界で暗号通貨業界健全化への動き

  3. 日本国内の暗号通貨課税状況

  4. 東欧のベラルーシは仮想通貨を非課税?

  5. 暗号通貨市場へイスラム教徒参入

  6. 国税庁、確定申告促す環境整備

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ