ニュース

ブロックチェーン区域開設に向けて[インド]

インドではブロックチェーン新興企業に特化した区域の開発に向け、州政府の情報技術電通部門はITサービス大手企業のテックマヒンドラと提携し、ブロックチェーン組織を立ち上げた。

 

インドでは中央銀行が暗号通貨取引に関して否定的な姿勢で、金融機関に対して「暗号通貨取引を行っている企業・個人へサービスの提供を禁止する」といった規制を行っている。しかし政府は適正な規制を設けることが必要だとしている。暗号通貨に対してはこの中央銀行と政府とで意見の対立が起きているが、ブロックチェーン技術に関してはどちらも積極的に取り入れていくべきだと考えており、研究開発だけでなく人材育成や技術の導入などを行っている。

今回設立されたブロックチェーン組織はこうしたブロックチェーン技術に対する同国の積極性を示している。インド南部にはブロックチェーンに特化した区域を開設する予定であり、国内のブロックチェーン事業の発展・開発を促進する場として機能することが期待されている。またこの区域は新興企業の成長を促すため、法規制と政策の支援を受けられることが約束されている。

 

↓↓インド関連記事↓↓

関連記事

  1. 品川にコワーキングスペース、オープン

  2. タイ、ICO先進国となるか

  3. ロシア、暗号通貨規制の目標

  4. リップル社がファンドへ26.5億円分のXRP投資

  5. NANJCOINでeスポーツ選手を応援しよう!

  6. イーサリアム対応ASICへの対抗表明

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ