ニュース

話題のBitMEXとは

bitFlyerの信頼が落ち、顧客が流れている先のBitMEX(ビットメックス)。このBitMEXとはどういった取引所なのか、どんな特徴があるのか紹介する。

 

  • 二段階認証
  • マルチ・シグネチャー
  • コールドウォレット
  • レバレッジ取引、最大100倍(追証なし)
  • 手数料が安い

まずBitMEXとはHDR Global Limitedという香港企業が運営されている取引所となっている。多くの取引所でハッキングの被害にあっていることを踏まえ、同取引所ではホットウォレットは一切利用せず、コールドウォレットで管理している。また同取引所は通常の現物取引などを扱っているのではなく、デリバティブ取引のみに対応しているため顧客は資金の出金を頻繁に要求することはない。そうしたデリバティブ取引所の強みを生かし、同取引所ではコールドウォレットでの資産管理・出金は1日1回のみという体制で行っている。またこの出金についても、創業者である3人のうち2人の承認がないとできないという徹底ぶりとなっている。

 

このセキュリティ性から信頼され利用されているが、上記のように同取引所の最大の魅力はレバレッジ取引となっている。日本の取引所では最大でも25倍が限界で、さらに自主規制団体によってこの上限は4倍以下に制限される可能性もある。しかしBitMEXでは100倍というレバレッジ取引が行えてしまうのである。また追証もないため、レバレッジ取引のデメリットである負債を多く追ってしまう、ということがないのだ。つまり負けたとしても元本しかなくならないということになる。

 

セキュリティ性ももちろんそうだが、レバレッジ取引を行いたいを思う人にとっては魅力的な取引所となっている。ただ、こうしたレバレッジ取引所は「出金できない」といった詐欺もあるため、利用するかどうか、どれくらいの資金を入れるかどうかも自己責任であるということを念頭に、余剰資金、生活に困らない程度の金額を入れるということを忘れずに行っていただきたい。

  • ビットコイン(BTC) 100倍
  • イーサリアム(ETH) 50倍
  • ライトコイン(LTC) 33.33倍
  • モネロ(XMR) 25倍
  • リップル(XRP) 20倍
  • ビットコインキャッシュ(BCH) 20倍
  • ダッシュコイン(DASH) 20倍
  • イーサリアムクラシック(ETC) 20倍
  • カルダノ(ADA) 20倍
  • ネオ(NEO) 20倍
  • ステラ(XLM) 20倍
  • ジーキャッシュ(ZEC) 5倍

関連記事

  1. 【3億円分強奪】仮想通貨の開発者襲われ、怪しい薬物を飲まされる

  2. 大和証券、ミャンマーでのブロックチェーン技術の促進へ

  3. 昨日(8/8)のニュースまとめ

  4. フィンランドの銀行、仮想通貨関連企業の口座凍結

  5. BTC10%下落、仮想通貨取引所「バイナンス」のハッキングの噂やSEC…

  6. ジンバブエ、暗号通貨禁止措置

PAGE TOP

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場