ニュース

NEMはなぜPoIを選んだのか

今も昔も、コンセンサスアルゴリズムの主流PoWではなく、なぜPoIをNEMは選択したのか。NEM財団の東南アジア代表は「NEM創立チームは業界の流れから独自のシステムを開発することを選んだ」と発言した。

 

今多くのコインが採用しているPoWでは、マイニングによっての承認となるためハッシュパワーが独占されてしまうと不正が行われてしまう(51%)という可能性を秘めている。またこの51%対策として開発されたPoSについては、保有数による承認であるが故に保有数を保つために流動性が損なわれてしまうという問題点がある。PoWやPoIでは、それぞれ強みがあるものの無視できない問題点があり、これらを変えることはできないため、NEM創立チームは独自で開発することを選んだ。それがPoIである。

このPoIでは、51%攻撃対策として生まれたPoSのように保有量をもとにし、さらに流通量という項目も加えることで流動性を損なわないようにしている。これにより多くの資産を有していても利用していない場合、利用していても資産を持っていない場合、実用的な数値ではないと判断されるようになっている。

 

↓↓関連記事↓↓

 

関連記事

  1. 犯収法改正で、KYCネット完結

  2. 「WannaCry」の首謀者が奪った身代金遂に引き出された

  3. 昨日(11/4)のニュースまとめ

  4. 仮想通貨取引所の信託保全が急務となる

  5. みずほFG、ブロックチェーンのコンソーシアムに参加表明

  6. Liquidでも、クレジット・デビットカード決済可能に

PAGE TOP

ニュース

昨日(6/18)のニュースまとめ

ニュース

国内取引所BITPoint[取引所まとめ]

ニュース

韓国公正取引委員会、取引所利用規約に是正勧告[利用者資産の保護]

ニュース

Ripple社とMoneyGram、戦略的提携[xRapidの利用]

ニュース

Binance,BTC担保のコイン発行[DEXでの流動性向上]

ニュース

昨日(6/17)のニュースまとめ

ニュース

出金アドレスとは?[コインの森なんでも相談室]

ニュース

コインチェック事件、ロシア系ハッカー関与の可能性浮上[SumoLogic採用で監…