ニュース

NEMはなぜPoIを選んだのか

今も昔も、コンセンサスアルゴリズムの主流PoWではなく、なぜPoIをNEMは選択したのか。NEM財団の東南アジア代表は「NEM創立チームは業界の流れから独自のシステムを開発することを選んだ」と発言した。

 

今多くのコインが採用しているPoWでは、マイニングによっての承認となるためハッシュパワーが独占されてしまうと不正が行われてしまう(51%)という可能性を秘めている。またこの51%対策として開発されたPoSについては、保有数による承認であるが故に保有数を保つために流動性が損なわれてしまうという問題点がある。PoWやPoIでは、それぞれ強みがあるものの無視できない問題点があり、これらを変えることはできないため、NEM創立チームは独自で開発することを選んだ。それがPoIである。

このPoIでは、51%攻撃対策として生まれたPoSのように保有量をもとにし、さらに流通量という項目も加えることで流動性を損なわないようにしている。これにより多くの資産を有していても利用していない場合、利用していても資産を持っていない場合、実用的な数値ではないと判断されるようになっている。

 

↓↓関連記事↓↓

 

関連記事

  1. ICOの現実 ホワイトペーパーの存在

  2. 暗号通貨業界を牽引していくのは先進国か新興国か

  3. 違法サイト「漫画村」でもクリプトマイニング

  4. PayPal共同創業者がブロックチェーンに言及

  5. オマーン銀行、リップルネット加盟

  6. シンガポール政府と銀行がブロックチェーンをテスト

PAGE TOP

ニュース

bitFlyerで送金が反映されない[なんでも相談室]

ニュース

資産運用に関する日本最大級イベント[マネックス・マネーパートナーズも]

ニュース

ブロックチェーンの実用化、量子コンピュータの実現

ニュース

昨日(1/19)のニュースまとめ

ニュース

SBI、セキュリティ・ウォレットに対する取り組み[新規参入の背中を押す]

ニュース

世界規模の分散型決済ネットワークの開発[既存の決済と]

ニュース

Ethereum,アップグレードConstantinopleは2月27日

ニュース

昨日(1/18)のニュースまとめ