ニュース

国内初のネット投票の試み

茨城県つくば市で、国内初のブロックチェーン技術とマイナンバーカードを活用したネット投票が導入される。ブロックチェーン技術を活用することで投票内容の透明性や秘匿性を確保しつつ、投票の効率化を図る。またマイナンバーを導入することでなりすましを防止する。

同市では、IoT・AIなどの最先端技術を生かした市内での実証実験支援を行っている。その実証実験の企画案の最終審査にこのネット投票が導入される。この投票にはつくば市民でなくとも、マイナンバーカード(署名用パスワード付き)を所有していればだれでも投票する権利があるため、気になる方は参加してみてはいかがだろか。

つくば市ホームページ→http://www.city.tsukuba.lg.jp/shisei/oshirase/1005129.html

世界では実際にブロックチェーン技術を活用した投票は試験的ではあるものの行われており、政界の腐敗をなくすことが期待されている。

関連記事

  1. 中国情勢に変化か

  2. モバイルファクトリー仮想通貨の導入検討

  3. 暗号通貨を手に入れるには?

  4. Atomic Wallet、XRPの対応発表

  5. Upbitの詐欺容疑、規制当局の勘違いか

  6. カナダの規制当局、ブロックチェーンETFを承認

PAGE TOP

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入

ニュース

昨日(1/16)のニュースまとめ

ニュース

資金洗浄・テロ資金供与とは[基礎知識]

ニュース

Liquid、QASH保有量・期間に応じてXRPプレゼント

ニュース

昨日(1/15)のニュースまとめ