ニュース

世界初、XRP基軸のみの取引所

アメリカで、世界で初となるXRPのみを基軸通貨とした暗号通貨取引所、DCEXが開設した。同取引所はXRPを基軸として15種の暗号通貨取引市場を提供する。現段階では同取引所への登録のみ可能となっており、実際に取引が可能となるのは数週間後となる。

 

同取引所は今主流のビットコイン(BTC)ではなく、エックスアールピー(XRP)を基軸通貨としたのは、取引処理が4秒以内で完了し利用者がストレスなく送金できるということ、取引コストが低いということを理由として挙げている。またこうしたXRPへの評価は、暗号通貨評価機関のTwitterによるアンケート「どのコインが取引所間での資金移動に最適化」ではXRPが多くの票を獲得していることから、取引所運営者だけでなく一般投資家の間でも同様のものであるということがわかる。

DCEXでは以下の15種のコインのほか、ネオ(NEO)・カルダノ(ADA)の追加を近日中に予定している。また今後、機関投資家に向けにアメリカドル(USD)の取引も加える可能性があるようだ。

XRPの取引所への上場が頻繁に行われているが、これはXRPの実用性が多くの人に理解され始めた証拠ではないだろうか。7月には実に多くの取引所への上場が発表された。

関連記事

  1. 自分のコンテンツを守る富士通BSCの実証実験開始

  2. IMF、G20で仮想通貨規制を推し進める

  3. xRapidの商業利用間もなくか[10月に控えるSWELL]

  4. gumi 30億円規模のファンド設立

  5. ウガンダの政治・暗号通貨状況

  6. ICOは証券取引委員会の管轄下か

PAGE TOP

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場