ニュース

国内初、34社からなるブロックチェーン業界団体「BCCC」が発足

2016年4月25日、国内初のブロックチェーン推進協会「BCCC」(Blockchain Collaborative Consortium)が発足したことが、東京大手町のFINO LABオフィスにて発表された。

 

オリジナルメンバーは、カレンシーポート、テックビューロ、コンセンサス・ベイス、ConsenSys、Nayuta、ハウインターナショナルなどブロックチェーン技術を専門とする企業をはじめ、日本マイクロソフト、GMOインターネット、マネーパートナーズなど34社。

 

ブロックチェーン推進協会はブロックチェーンの普及啓発を行い、自らブロックチェーンの適用領域を拡大し、またブロックチェーン技術領域への資金調達支援を行うことによって、わが国産業の国際競争力増進に貢献するとともに、ブロックチェーン技術の進化にも寄与することを目的とし設立され、理事長はインフォテリア株式会社代表取締役社長の平野洋一郎氏が務める。

 

平野氏は、ブロックチェーン推進委員会の今後の予定として「日本を代表するブロックチェーンの業界団体として、100社程度の参加を見込んでいる」と話し、年内の一般社団法人化を目指すという。

 

また、参加企業のうち、テックビューロ、Nayuta、コンセンサス・ベイス、カレンシーポートは、経済産業省の「ブロックチェーン検討会」委員でもあり、政策提言などを行うことも期待される。

 

bccc

 

関連記事

  1. 36の国と地域で仮想通貨の規制枠組み作成

  2. 米リップル、ブロックチェーンの業界団体ハイパーレッジャーに加盟

  3. 中国中銀、履歴追跡可能なウォレット特許申請

  4. 昨日(6/18)のニュースまとめ

  5. Google、マイニング拡張機能を全面禁止

  6. 暗号通貨を手に入れるには?

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ