ニュース

国内初、34社からなるブロックチェーン業界団体「BCCC」が発足

2016年4月25日、国内初のブロックチェーン推進協会「BCCC」(Blockchain Collaborative Consortium)が発足したことが、東京大手町のFINO LABオフィスにて発表された。

 

オリジナルメンバーは、カレンシーポート、テックビューロ、コンセンサス・ベイス、ConsenSys、Nayuta、ハウインターナショナルなどブロックチェーン技術を専門とする企業をはじめ、日本マイクロソフト、GMOインターネット、マネーパートナーズなど34社。

 

ブロックチェーン推進協会はブロックチェーンの普及啓発を行い、自らブロックチェーンの適用領域を拡大し、またブロックチェーン技術領域への資金調達支援を行うことによって、わが国産業の国際競争力増進に貢献するとともに、ブロックチェーン技術の進化にも寄与することを目的とし設立され、理事長はインフォテリア株式会社代表取締役社長の平野洋一郎氏が務める。

 

平野氏は、ブロックチェーン推進委員会の今後の予定として「日本を代表するブロックチェーンの業界団体として、100社程度の参加を見込んでいる」と話し、年内の一般社団法人化を目指すという。

 

また、参加企業のうち、テックビューロ、Nayuta、コンセンサス・ベイス、カレンシーポートは、経済産業省の「ブロックチェーン検討会」委員でもあり、政策提言などを行うことも期待される。

 

bccc

 

関連記事

  1. GMO、100億円の本気

  2. GMOライトコイン取り扱い開始

  3. ロシアのマイニングファームがICOを開催

  4. 円相場急落

  5. アメリカがビットコインに対する州法を統一していくのか

  6. ビットコイン送金市場に入り込もうとする韓国の複合企業

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP