ニュース

ブロックチェーン裁判所で効率化[ドバイ]

ドバイ国際金融センター裁判所(DIFC)が、ブロックチェーン裁判所の構想を発表した。これは法律に関する業務を合理化し、効率化を図るためのものとなっている。

ドバイでは2020年までに完全なブロックチェーン都市化の計画を掲げており、そのための取り組みが活発に行われている。この計画実現のために国内の研究開発、企業支援だけでなく、国外の研究者・企業を積極的に誘致している。また同国の自由経済区域では、暗号通貨取引企業に個人所得税と法人所得税を課さないライセンスを発行している。

DIFCはこのブロックチェーン技術を活用することで、異なる裁判所で情報を共有し効率化を図る。また国内だけでなく国外の法務執行機関とリアルタイムで情報を共有することを目標としている。ブロックチェーン技術はプライベート・パブリックの問題点を専門家と議論しかつようしていく。

ドバイ関連の記事一覧は以下の通り。

関連記事

  1. 仮想通貨少女も暗号通貨で募金活動

  2. XRPの将来を信じられないなら、手放すべき

  3. 暗号通貨のETP上場、世界への影響

  4. 日本のデジタル化に向けた規制[金融審議会]

  5. ブロックチェーンを活用した電子処方箋

  6. ドイツ取引所、BTCや大規模買収に慎重

PAGE TOP

ニュース

巨額の資金調達に成功していたプロジェクト、中止へ

ニュース

イスラム金融での活躍に期待、Ripple

ニュース

McAfee、2018年セキュリティ事件ランキング発表

ニュース

サウジ・UAE、暗号通貨共同開発[イスラム金融の変化]

ニュース

昨日(12/13)のニュースまとめ

ニュース

活発になる欧州の動き[ドイツで取引所開設へ]

ニュース

FATF、イギリスに暗号通貨法規制強化を指摘

ニュース

SBI VC、14日からETHの取り扱い開始へ[暗号通貨の入出金は]