ニュース

ブロックチェーン裁判所で効率化[ドバイ]

ドバイ国際金融センター裁判所(DIFC)が、ブロックチェーン裁判所の構想を発表した。これは法律に関する業務を合理化し、効率化を図るためのものとなっている。

ドバイでは2020年までに完全なブロックチェーン都市化の計画を掲げており、そのための取り組みが活発に行われている。この計画実現のために国内の研究開発、企業支援だけでなく、国外の研究者・企業を積極的に誘致している。また同国の自由経済区域では、暗号通貨取引企業に個人所得税と法人所得税を課さないライセンスを発行している。

DIFCはこのブロックチェーン技術を活用することで、異なる裁判所で情報を共有し効率化を図る。また国内だけでなく国外の法務執行機関とリアルタイムで情報を共有することを目標としている。ブロックチェーン技術はプライベート・パブリックの問題点を専門家と議論しかつようしていく。

ドバイ関連の記事一覧は以下の通り。

関連記事

  1. 中国第5回格付け発表、Binanceもコイン評価開始へ

  2. 企業の暗号通貨会計、新基準適応

  3. 台湾、マルタに続くブロックチェーン島目指す

  4. 暗号通貨業界の発展に必要不可欠な「教育」

  5. 昨日(5/23)のニュースまとめ

  6. 押収したBTCの対処に困惑

PAGE TOP

ニュース

昨日(5/24)のニュースまとめ

ニュース

Coinbase Commerce、2種のステーブルコイン採用[USDC・DAI…

ニュース

KYCCとマネーパートナーズ業務提携[暗号通貨業界の健全化へ]

ニュース

暗号通貨ウォレットWodca,アプリリリース[暗号通貨の管理より簡単に]

ニュース

SBI,アート市場でのブロックチェーン活用[アートバーンへ追加出資]

ニュース

昨日(5/23)のニュースまとめ

ニュース

キャッシュレス決済サービス、PayPayとは[利用可能店舗]

ニュース

スマホ決済[PayPay]を悪用[クレジット情報などは厳重に管理を]