ニュース

トークン経済の王となるか[イギリス]

「暗号通貨経済をけん引していく存在となる」ことを目標としてきたイギリスは、ブロックチェーン技術と他の最先端技術との統合が進めば、2025年までにブロックチェーン技術の中心国となる可能性がある。DAG GlobalとBig Innovation Centerの調査結果で発表された。

  • 政府がブロックチェーン技術を重要視し、理解がある
  • 人材育成にも力を入れている
  • ブロックチェーン企業に対し多額投資が行われている
  • 金融業で世界的存在になった経験がある。
  • 事業・法務が先進的

以上の理由から、イギリスはブロックチェーン技術において中心国となる可能性が大いにあると評価された。実際に政府もブロックチェーン技術に理解を示し、プロジェクトも行われているため、企業も動きやすい環境にあることが一番大きいだろう。また金融業界において世界的な存在であることも大きいだろう。金融業界での活用が考案され、研究開発は積極的に行われるようになり、それに合わせて規制面も整備されてきた。いまでは、技術の研究開発だけでなく、人材育成にも力が入れられている。そういった状況からみてもイギリスが中心的な立場になるのは難しいことではないだろう。

イギリス関連記事

 

関連記事

  1. Bitpayがビットコインキャッシュを導入

  2. イギリス、法規制明確化への動き[世界各国で法規制整備の動き活発化]

  3. Ginco、ハードウォレット開発へ[利便性と安全性の両立]

  4. オランダ銀行、ブロックチェーンの潜在能力に期待[実用化には課題]

  5. SWIFTはブロックチェーンを歓迎?

  6. 暗号通貨を投資対象とする投資信託の組成・販売禁止へ[金融庁]

PAGE TOP

ニュース

CROSS exchange運営会社へ警告[金融庁の警告と効力]

ニュース

金融庁、違法な金融業者に関する情報更新[登録業者か確認を]

ニュース

ルーマニア、暗号通貨税制改正

ニュース

デジタル化に合わせた法整備[政治家への個人献金も]

ニュース

自民、デジタル通貨に関する提言[日銀のCBDC共同研究参加]

ニュース

WEF,CBDCに関する枠組み公表[国際的な動き]

ニュース

昨日(1/23)のニュースまとめ

ニュース

NEC,超高速次世代型ハイブリッドデータベース開発[共同研究]