ニュース

日本のキャッシュレスに必要なこと

日本は偽札が身近ではなく、現金を信じられる環境であるからこそキャッシュレスが進まない。また街を歩いていればいつでも現金を入手できるATMも多く設置されている。わざわざデジタル化するほど現金に不便さを感じていない、これが日本がキャッシュレスに進まない一番の原因だろう。日本がキャッシュレス化を本気で進めたいのであれば、現金利用を不便にすることが重要だろう。

例えば、「現金お断り」とした対応を飲食店やデパートでおこなう、ATMの数を減らす、などといったことだ。実際ATMはマイナス金利で収益悪化している金融機関がコスト削減のために個数を減らしたり、手数料を増やしたりといったことを行っている。

また実際に「現金お断り」を行っている企業もある。この店舗ではクレジットや電子マネーなど現金以外での支払いが求められる。電子決済であるためレジが必要なく、支払いは店員を呼び出しテーブル決済となるため混雑時でも時間がかからない。こうした消費者が間にもメリットがあり、店舗側も閉店後の精算・資金管理を行わなくていいためコスト削減が行える。

いままでクレジット決済の手数料が企業側に大きな負担となるため、こうした支払いの普及が遅れたが、最近では手数料無料のLINE PayやPayPayが出てきたことで、キャッシュレス化を助けるのではないかと思われる。キャッシュレス化でスマホ決済が普及すれば、店舗側も専用の読み取り端末が不要となり、企業側は大きなコスト削減となる。またデジタル化することで取引記録が残り、資産確認するのも容易になる。

まずはデジタル決済がどういったものかを広めると同時に、現金が使いにくい環境にすることが求められるのではないだろうか。

 

関連記事

  1. ブロックチェーン裁判所で効率化[ドバイ]

  2. 中国政府、ICOの殲滅の動き

  3. エイベック、独自電子マネー開発

  4. ラトビアの規制状況

  5. Wi-Fi機器でマイニング

  6. 米Circle、新たに6,000万ドルの資金を調達

PAGE TOP

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは