ニュース

他取引所の独自トークン、上場

世界的な暗号通貨取引所、HuobiとBiboxは互いの取引所トークンの取扱を開始した。

取引所が発行する独自トークンは珍しくないが、他社の取引所トークンを上場させるというのは面白い。こうして多くの取引所での提携が行われることで、徐々に分散型へと変化していくのではないだろうか。特定の取引所でなければ購入できない、というのは取引所の強みとしては役に立つかもしれないが、取引所の一極化につながる可能性もある。各取引所の信頼関係・協力関係が築かれることで「中央集権型」からは脱却できるのではないだろうか。

今回提携し相互の取引所トークンを取り扱うHuobiとBiboxは分散型に対して力を入れている取引所となっている。Huobiは分散型取引所の開設に向けて研究開発を行っており、Biboxは世界初の人工知能(AI)を活用した取引所として知られている。

取引所トークンは配当や手数料などから注目されつつあるものとなっている。ただ「取引所が発行している」ということから、何も調べずに信頼し購入するのは危険なので、他の暗号通貨同様、十分下調べをしてから購入することをお勧めする。

Huobiの新たなプロジェクト

関連記事

  1. 昨日(7/25)のニュースまとめ

  2. IBM,[Blockchain World Wire]発表[国際送金市…

  3. デジタルマネーでの給与解禁へ[日本のデジタル化]

  4. 韓国の仮想通貨規制に反対デモ

  5. 昨日(7/6)のニュースまとめ

  6. 昨日(4/22)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

ブロックチェーン投票の課題

ニュース

黒田総裁、アメリカで講演[新興国でのデジタル経済]

ニュース

金融犯罪とオリンピック[対日審査と金融機関の取り組み]

ニュース

「近鉄しまかぜコイン」の発行へ[国内地域通貨]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

詐欺的な投資勧誘に注意[初心者向け]

ニュース

仮想通貨の投資助言に関する法律[なんでも相談室]

ニュース

公正取引委員会、実態調査へ[キャッシュレス決済]