ニュース

暗号通貨を裏付けにした法定通貨⁇

ハイパーインフレに悩まさせているベネズエラ・ボリバル共和国のマドゥーラ大統領は「ペトロを裏付けにした新しい法定通貨を来月から流通させる」と発表した。

ホームレス向け住宅予算に暗号通貨[ベネズエラ]

同国は人権状況の悪化、民主制からかけ離れた政治状況からからアメリカ、EUなどの各国から非難を浴びている。(ただロシア・キューバなどアメリカと敵対関係にある国からは現政権は支持されている。)この独裁体制を止めるため、アメリカ財務省はマドゥーラ政権の有力者に個人制裁を科したが、効果は見られなかった。トランプ大統領は「マドゥーラ政権以上にベネズエラ国民を苦しめてはならない」とし、同国の経済の中心である石油への制限などは行っていない。

今回大統領が発表した暗号通貨ペトロに裏付けされた、新しい法定通貨ボリバル・ソベラノは、旧通貨ボリバルよりも「0が5つ少なくなる」とされている。これは同国内のハイパーインフレ対策ではないかとみられる。

この新法定通貨の裏付けとする同国発行の暗号通貨ペトロは、国内で生産される石油に裏付けられて発行されている。しかし、そもそもこのペトロの担保とされている石油に関しては国内外から信ぴょう性を疑問視されている。担保としている原油埋蔵量は本当にあるのか、この疑問は発行当初からあったが正確な記述・検証ができていないため解決できていない。そんな不安視されている存在、ペトロを担保にした法定通貨ボリバル・ソベラノは同国にどのような影響をもたらすのだろうか。

関連記事

  1. オーストリア中央銀行総裁、仮想通貨業界へ危機感を露に。

  2. UPSはブロックチェーンでペーパーレスへ

  3. テックビューロ、仮想通貨やトークンの発行支援サービス「Zaica」を開…

  4. サムスンが物流にブロックチェーン技術導入予定

  5. ロシア、デジタル通貨の立ち上げを検討

  6. EUで暗号通貨の犯罪に罰金を検討

PAGE TOP

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場