ニュース

電力のP2P取引に動く[日本]

関西電力や東京電力などの大手電力会社だけでなく、電力会社全体でブロックチェーン技術を活用した電力のP2P取引を可能にしようという動きがみられる。

いまや屋根に太陽光パネルを設置するのが珍しくなく、誰でも発電できる状態となっている。自家発電を行っている家庭は、余剰電力を電力会社に売っている。電力会社は各家庭から買い取った電力を欲しがっている家庭へ売るといったことを行っているわけだが、これを直接電力を売りたい家庭と買い取りたい家庭で取引できるようにするのだ。これは現在の電力供給法の効率化、買取期限が過ぎた電力の行き場という問題を解決するものとなる。(太陽光パネルで自家発電したものには買取期限があり、設置してからの数年は買い取ってもらえるが、その後は買い取ってもらえない。)

消費者同士で自由に取引ができるようになれば、電力会社にかかる負担が減る。日本のような自然災害が多い国では、こうした分散型の供給プランも用意していたほうが良いのではないだろうか。

関連記事

  1. 【注意喚起】全銀協等を装う詐欺手口【金融庁が注意喚起】

  2. フィリピン、経済特区で雇用創出

  3. 取引所、ブロックチェーン技術等に350億円もの投資

  4. Google、マイニング拡張機能を全面禁止

  5. 暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

  6. [初心者向け]BaaSとは[Amazon・Microsoft・IBM]…

PAGE TOP

ニュース

昨日(8/23)のニュースまとめ

ニュース

ビットポイント台湾、BPJを提訴[取引所]

ニュース

スマホ決済サービスを安全に利用[キャッシュレス]

ニュース

インド最高裁、中銀に対し対応処置命令[不明瞭な法規制]

ニュース

昨日(8/22)のニュースまとめ

ニュース

テックビューロ社、交換業廃業[顧客への返金手続き]

ニュース

コインチェックでIEO事業検討[国内取引環境に変化も]

ニュース

Binance,新たな暗号通貨プロジェクト[LibraとVenus]