ニュース

ブロックチェーン関連法、事業への影響[マルタ]

マルタ金融サービス局(MFSA)はブロックチェーン企業に対して、認可申請を待つ必要があることを声明にて説明を行った。同国では最近ブロックチェーン関連の法律が整備されたばかりであり、それを企業に適応するための準備期間が必要なようだ。

マルタは、金融業界のみならず各国でその価値が認められているブロックチェーンだけでなく、危険視・不安視されている暗号通貨に対しても友好的な国である。また明確な法規制による整備が行われているため、投資家だけでなく企業も動きやすい環境となっているため、大手取引所BinanceやOKEx、ブロックチェーン企業などが同国を拠点としている。また分散型銀行・分散型証券などの事業もマルタを中心に行われている。こうした取り組みはマルタと同じく島国であるバハマにもみられる→https://coinsforest.com/p/11247/

暗号通貨の使用・取引についての法規制を行う国は多くみられるが、マルタではブロックチェーン産業も公式な産業として扱い、ブロックチェーン産業の発展を促すために法律が整備されている。法律の内容について→https://coinsforest.com/p/11410/ 

今回MFSAは、最近成立したブロックチェーン関連の法律を順守させるための枠組みを作るために、時間を要しており同国での認可申請を行いたい事業者は、それらが整備されるまで待つ必要があるとの声明を出した。

関連記事

  1. ビットペイVISAプリペイドカード提供開始

  2. 中国の証券監督当局、ブロックチェーンには集中管理型システムが必要と主張…

  3. SBIホールディングス、仮想通貨コールドウォレット事業展開のCoolB…

  4. 【初心者向け】投資信託とは【利点・欠点】

  5. フィッシング詐欺や登録業者を騙る詐欺が横行[被害に合わないために手口の…

  6. 昨日(8/6)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

昨日(9/14)のニュースまとめ

ニュース

金融商品保護の制度[預金・証券・保険]

ニュース

デジタル資産の相続

ニュース

経済産業省からレンタル移籍で株式会社VALUへ[人材育成プログラム]

ニュース

Libra開発、ドイツ・フランスは否定的[各国の考え]

ニュース

昨日(9/13)のニュースまとめ

ニュース

Sblockから資金を回収したい[コインの森なんでも相談]

ニュース

Santander、ブロックチェーン上債券発行