ニュース

暗号通貨の不正利用撲滅技術

イギリスの大手投資銀行、バークレイズが暗号通貨の犯罪利用を防止する暗号通貨関連技術の特許を申請したようだ。

今回バークレイズは暗号通貨の取引データを管理するシステムとブロックチェーンを活用して本人確認を共有し効率化を図るシステムの2つのシステムで特許の申請を行った。

暗号通貨取引データを管理するシステムでは、中央銀行などの金融機関が権限を持つ特定の利用者となり、ブロックチェーン上で暗号通貨を作成・破棄する権限を持ち、暗号通貨の管理が行えるようなものとなっている。中央管理者がいるが、暗号通貨を不正利用したり、テロ資金支援などの違法行為を行った利用者から資産を押収することが可能となり、現金よりもずっと犯罪利用を防止することが可能となる。分散型からは程遠い体制とはなっているが、「分散型」への信用が揺らいでいる現時点では現実的で有効なものではないかと思われる。

情報を共有し、本人確認の効率化を図るシステムでは、日本で行われた情報の共有化による本人確認と同じものとなっている。詳しくはこちら→[金融機関、KYCの共同化]

関連記事

  1. FATF、規制に対して本格的に動き出す

  2. スマホ決済[PayPay]を悪用[クレジット情報などは厳重に管理を]

  3. 昨日(8/15)のニュースまとめ

  4. 暗号通貨投資は危険か

  5. 9月中を予定していた顧客補償枠組みを先送り[テックビューロ]

  6. 暗号通貨のこれから

PAGE TOP

コラム

ドル円 鉄板【R-1】発動‼ “仏のR特別講義”

コラム

海外FXブローカーは非常事態を待っている‼

ニュース

Huobi,レバレッジ取引サービス開始へ

ニュース

ビットバンク、スマホでの本人確認に対応[システムはシンプレクスが担当]

ニュース

利殖勧誘事犯、増加傾向[詐欺の手口を確認]

ニュース

FATF声明発表[対策に非協力的としてイラン・北朝鮮を名指し]

ニュース

楽天ウォレット、暗号資産証拠金取引サービス開始[法改正]

ニュース

昨日(3/26)のニュースまとめ