ニュース

マイニングでの誤認逮捕に備えよう

マイニングを悪用した犯罪が横行しているが、最近では違法マイニングを行うマルウェアを勝手にサイトに仕込まれている被害が増加している。

今までは自身のブログ、サイトにマイニングマルウェアを仕込むかたちがよく報道されていたが、最近では他人のサイトにこのマルウェアを仕込み、マイニングの収益を得る手法が増加しているようだ。自分ではサイトにマイニングするソフトを入れていないのに、「このサイトを閲覧すると重くなる。調べたらマイニングが勝手に行われている」という被害報告がされ、身に覚えのない罪で逮捕されてしまうかもしれない可能性も出てくる。ハッキング事件があった際に、誤認逮捕された事例があるように、マイニングについても誤認逮捕が行われる可能性は十分すぎるほどにある。

ブログなど自身のサイトを持っている方は、こうしたマルウェアが仕込まれていないかを定期的に調べるといった自己防衛が必要になってくる。実際に学生サークルのサイトでもこうした被害が見つかっている。

関連記事

  1. ブロックチェーン技術で米の真正性確保

  2. CoinField、11月2日よりXRP基軸市場提供開始

  3. 第二回「仮想通貨交換業者等に関する研究会」開催

  4. コインベース、インサイダー疑惑含め2件の訴訟に直面

  5. クラーケンで取引所サイトダウンが騒ぎに

  6. ゴールドマンサックスの見解

PAGE TOP

ニュース

SBI HD,新たな子会社設立[マイニング専用チップ・システムの開発製造]

ニュース

QUOINE、レバレッジ取引サービスの変更へ

ニュース

Bitmain、雨期の水力発電を狙いマイニング装置の設置計画か

ニュース

Huobi、IEOとは異なる新たなプラットフォーム設立

ニュース

JCBAによるICO規制についての提言[それぞれの性質に合わせた規制]

ニュース

Facebook、ブロックチェーン部門で新たな求人

ニュース

昨日(3/21)のニュースまとめ

ニュース

22日、カンファレンスイベント開催