ニュース

貿易の安全性・透明性の改善へ[シンガポール]

シンガポール拠点のの国営クリムゾン・ロジック社はアジア諸国向けのクロスボーダー・ブロックチェーン・プラットフォームを公開した。

同社会長は「ブロックチェーン技術はクロスボーダー取引の信頼性を向上させることが可能」と述べ、シンガポール政府が今後このプラットフォームを活用しての、アジア諸国のブロックチェーン産業を援助していく姿勢を示した。このプラットフォームでは東南アジア諸国間の貿易文書取引の安全性・透明性向上を目的に活用される。

ブロックチェーン技術とは、データを一塊にまとめ、その塊(ブロック)をつなげていく技術のことだ。そしてこのデータは複数の参加者によって保管される。詳しくは→https://coinsforest.com/p/11407/

今では欠かせない存在となっているインターネットと同様、これからの社会において必要不可欠な存在になるだろうと考えられているこの技術は、多くの国が資金を投じ研究開発にいそしんでいる。またそういった技術を研究する基盤がない国では、積極的に海外の企業を誘致するなどして、ブロックチェーン産業の恩恵を国家にもたらそうとする動きがみられる。世界のブロックチェーン技術への取り組み→https://coinsforest.com/p/11880/

[補足]クロスボーダー取引とは、国境を越えて行われる取引の総称で、複数国間で行われる取引を指す。

関連記事

  1. 昨日(8/20)のニュースまとめ

  2. 世界的大富豪が表明「全資産の1割は仮想通貨」

  3. XRP,Netcoinsに上場

  4. UPSはブロックチェーンでペーパーレスへ

  5. ペイパルの元CEO「BTCは詐欺」

  6. 【速報!!】GACKTで有名なスピンドルがリバリューへ

PAGE TOP

技術

トランプ政権とも関係を持つRipple

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場

ニュース

サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

ニュース

GMOも日本円を担保にしたステーブルコイン開発へ[中国では]