ニュース

Basic Attention Token(BAT)とは?

世界的大手暗号通貨取引所のコインベースでの上場が検討されたり、LINEが運営している暗号通貨取引所、BITBOXで取り扱われているBasic Attention Token(BAT)とはいったいどのようなトークンなのだろうか。

Basic Attention Token(BAT)はイーサリアム(Ethereum)上に構築されたERC-20トークンの一つで、Mozillaの共同創業者Brendan Eich氏が立ち上げたベンチャー企業、Breveで発行されているトークンとなっている。同社が提供しているWebブラウザBreveと連携したデジタル広告システムで利用されるトークンとなっている。Ethereumとは→https://coinsforest.com/p/10122/

Breveを利用すると利用者の情報や閲覧記録が匿名で集計され、その情報収集の対価として、このBATが利用者には支払われる仕組みとなっている。情報を収集されていると考えると、危ないのではないかと考える方もいるかもしれないが、Breveはマルウェア・トラッカーをブロックし、利用者が現在何に関心を示しているのかを匿名で収集するプライバシーに焦点を当てたブラウザとなっている。またこのトークンは出版社や利用者、広告主の間での様々なサービスを受けるために利用することができる。

また情報収集を行うことで、利用者が何に関心を示しているのか、どんな広告が適しているのかを判断するに最適なものとなっているため、広告主は効率的に収入を得ることができ、利用者も欲している情報を素早く手にすることができる場となっている。情報収集が気に入らない人にとっても、BATという報酬が受けられるため、従来の勝手に情報を収集されている状況よりかは格段に納得のいくブラウザとなっているのではないだろうか。

関連記事

  1. Upbit、内部監査で潔白を証明

  2. 米イリノイ州、仮想通貨での税支払いを検討、アリゾナ州、ジョージア州に続…

  3. データの身代金要求、暗号通貨で

  4. アジアのブロックチェーン技術者育成状況[求人市場成長]

  5. ブロックチェーンの証券貸借プラットフォーム

  6. VISAカードが仮想通貨の普及を促進させる

PAGE TOP

技術

トランプ政権とも関係を持つRipple

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場

ニュース

サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

ニュース

GMOも日本円を担保にしたステーブルコイン開発へ[中国では]