ニュース

GMO、ネット銀行事業開始

GMOは2018年7月17日、新たにインターネット銀行、GMO青空ネット銀行株式会社の営業を開始した。同行では近年需要が高まっているインタネットバンキングを提供し、それに合わせた高度セキュリティ認証・ブロックチェーン・AIなどの最先端技術を活用した高いセキュリティ性と利便性の提供に努める。

日本政府もキャッシュレス化を本格的に促進させるため、銀行法の改正を行いフィンテックを取り入れた新たな金融サービスの提供を行いやすい環境整備を行っている。同行では上記の最先端技術を駆使しコストの削減、利便性向上、取引速度の向上、を行い、個人法人問わず使い勝手の良い銀行を目指していくようである。

最先端技術を取り入れ、セキュリティを高めていくことは重要に思われる。銀行、と聞くと「安全」となにも疑わずに信じていしまう方も多いが、銀行も暗号通貨交換業者と同じように業務改善命令は頻繁に行われている。人口減少・企業減少で収益が急速に減少している地方銀行では経営困難な状態になっているところも多い。経営がうまくいっていないため人員も確保できず、金融サービスにも影響が出ている。また大手銀行であっても不適切な取引の存在が認められており、「銀行」だからといってむやみに信用することはできない。だからこそ、銀行法が改正された今暗号通貨取引と同じように、取引の透明性・セキュリティ性を求めることが重要になってくるのだろう。

暗号通貨取引は最先端技術であることから不安視・危険視されることも多い。しかしキャッシュレスを促進させようと社会が動いている今、「データでの取引なんて」と拒否する前に、取引の履歴が何も残らない、従来の法定通貨を扱っていることについて疑い、見直す時期になったのではないだろうか。

関連記事

  1. IBMは合法大麻の管理にブロックチェーンを

  2. 国内取引所 Bitgate

  3. 世界、証券のトークン化へ進む

  4. Binance、世界を制する取引所へ

  5. 楽天、QRコード決済・暗号通貨決済への期待

  6. ビットコインでチャリティー、100万ドル相当

PAGE TOP

技術

トランプ政権とも関係を持つRipple

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場

ニュース

サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

ニュース

GMOも日本円を担保にしたステーブルコイン開発へ[中国では]