ニュース

昨日(7/17)のニュースまとめ

世界最大手の資産運用会社が暗号通貨市場への参入を検討したことで、その期待感から市場は上昇傾向にある。同社はすでに参入のためのチーム編成を行っているようだが、暗号通貨市場への参入がいつ頃になるかというのは明らかになっておらず、またどれほどの資金が流れ込んでくるかも予想できていない。

国内ではNEMのブロックチェーン技術を活用した投げ銭サービスの提供が今年9月に予定されている。スポーツチーム・選手へ行えるこの投げ銭システムでNEMが使われることで、NEMの価格が上昇することも期待される。以前ツイキャスで投げ銭に採用されたモナコイン(MONA)は一日で価格が急騰した。

関連記事

  1. 米英政府機関ウェブサイトにも仮想通貨採掘マルウェア仕組まれる

  2. 北大祭でビットコインカフェ開催

  3. マイニングの需要考え規制変更

  4. リップルのウェブサイトがクラッシュ

  5. シティグループのアナリストがビットコインに悲観

  6. 世界で初、銀行記録処理にブロックチェーン技術

PAGE TOP

技術

トランプ政権とも関係を持つRipple

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場

ニュース

サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

ニュース

GMOも日本円を担保にしたステーブルコイン開発へ[中国では]