ニュース

NEMのBC技術活用した投げ銭サービス!!

エンゲート株式会社がNEMのブロックチェーン技術を活用した投げ銭コミュニティサービスを2018年9月に開始することを発表した。

エンゲート株式会社は日本のテクノロジー企業であり、ブロックチェーン技術やAIなどの最先端技術を活用した製品・サービスの提供を行っている。同社はこの投げ銭を活用して、ファンとスポーツ選手のコミュニティ形成・関係構築を目指す。この投げ銭サービスを「ブロックチェーン技術」を活用して行うことで今までの関係履歴を確認・保存することができる。ファンが応援したいチーム・選手に対して投げ銭を行い、施された投げ銭はチームの運営や選手を支えるための資金として活用される。

サービス開始予定の9月にはサッカー・フットサル・バスケットボール・野球・バレーボール・ラグビー・格闘技などの8競技から20チームが参加するようだ。またこの参加チームはその後増えていくようである。このサービスではなんと選手の育成期から引退後までファンと選手の関係をコミュニティで支援するという。これがどのような支援なのかは不明だが、両者にとって利点のあるものだと期待したい。

最近ではネット上での投げ銭はそう珍しいことではなくなってきており、こうしたファンと作者・選手をつなぐといった取り組みはほかにもある。

  • アニメ・漫画の作者とファンをつなぐことを目的としたオタクコイン(→https://coinsforest.com/p/9868/)
  • ライブ会場でのグッズ購入やファンクラブでの活用を目的としたもの(→https://coinsforest.com/p/10337/)
  • さらには金銭の絡まない評価をクリエイターに届けるサービス、CLAP(→https://coinsforest.com/p/9284/)などが存在する。
  • ツイキャスでも投げ銭サービス(→https://coinsforest.com/p/9423/)としての暗号通貨の導入を行い、そのさいに採用されたモナコイン(MONA)は一日で急激な価格上昇が起きた。今回の投げ銭サービスで採用されたNEMはどのような変化が起きるのだろうか。

関連記事

  1. Cosmosがローンチに向けて最終段階へ

  2. リヒテンシュタインでブロックチェーン支援のための法整備

  3. 活発なNEMコミュニティの動き、NEM JAPANが促進

  4. インドではビットコインは法定通貨としない

  5. ロンドンへ事務所開設発表[Houbi]

  6. 日本の取引所環境が大きく変わる[コインベース参入]

PAGE TOP

ニュース

安全にインターネット利用するために

ニュース

昨日(12/18)のニュースまとめ

ニュース

PayPay不正利用、今後の対策[現金が安全とは限らない]

ニュース

エジプト、CBDCの調査へ[監視強化の一環か]

ニュース

国内の決済環境

ニュース

「仮想通貨」から「暗号資産」へ

ニュース

Huobi、口座開設受付開始[XRP配布キャンペーンも実施]

ニュース

昨日(12/17)のニュースまとめ