ニュース

Bithumb、日本市場進出予定!

韓国最大手の暗号通貨取引所、Bithumbは日本市場とタイ市場への進出予定を明らかにした。

みなし業者・登録済み業者への審査が終了していないため、いまだ新規申請者の審査は停滞している日本で、同取引所は来年の2月に取引所を開設することを予定しているという。日本では登録済みの取引所で扱っている通貨は多くなく、保有しておきたい通貨がある場合、どうしても海外の取引所を使わざるを得ない状況にある。海外取引所が参入することでこうした現状を打破することができるのではないかと期待が集まる。Bithumbではこの日本進出に関して「日本で一番取り扱う通貨の数が多い取引所を設立する予定だ」と発言している。金融庁、規制強化→https://coinsforest.com/p/9702/

また同取引所はタイ市場への進出も予定している。こちらはすでに子会社を設立しており、現在タイの証券取引委員会の認可取得を目指しているようである。順調にいけばタイでのサービス開始は10月下旬としている。

同取引所は資金洗浄などの犯罪利用防止に非協力的な国へのサービス停止を自主的に行い、利用者に対して本人確認を義務付けるなど徹底した対応が行われている取引所であるため、政府としても信頼がおけるのではないかと思われる。ただ6月下旬に同取引所はハッキングによる被害を出してしまっている。マウントゴックスやコインチェックという取引所での問題に頭を抱え、今までの寛容な発展を促す態度から一変し、規制強化に踏み切った日本の現状を見ると、同取引所の参入は厳しいものがあるのではないだろうか。

関連記事

  1. 人材・事業流失を恐れ、支援対策[スイス]

  2. FAFT、暗号通貨規制の草案公表[国際的な健全化への動き]

  3. ナポリ、独立の為に独自通貨発行へ

  4. 昨日(6/6)のニュースまとめ

  5. 【危険】リップルのユーザー、フィッシングにご注意!

  6. 統一された法規制の必要性[EU]

PAGE TOP

ニュース

昨日(2/18)のニュースまとめ

コラム

ポンド円でパターントレードを理解 “仏のR特別講義”

ニュース

デジタル通貨に関する共同検証[KDDIのスマートマネー構想]

ニュース

海外FX業者の[PAMM/MAM]被害[コインの森管理人]

ニュース

ディープフェイクの脅威[偽物が存在することを把握することの重要性]

ニュース

メタップス、取引所事業から撤退[変化する法規制]

ニュース

未来投資会議での議論[送金手数料と銀行の収益構造]

ニュース

中電、情報銀行に関する実証実験へ[情報銀行業と認可]