ニュース

本当の分散型取引所は存在するのか

先日、分散型取引所Bancorでハッキングが起きた結果、利用者のウォレットに被害がないものの、同取引所が中央集権的に開発されて来たことが判明した。今回の攻撃にあった際Bancor開発者は、攻撃を防ぐために疑わしいアドレスの凍結を行った。これは被害拡大を抑えるために必要な行為だったと思われるが、分散型取引所であるのにもかかわらず、一開発者の判断でアドレスの凍結が行えてしまうという状況はいいのだろうか。

そもそも分散型取引所(DEX)は非中央集権型で運営者が存在しない取引所を意味する。内部不正やハッキング、カウンターパーティーリスクを防ぐために作られた取引所である。(分散型取引所とは→https://coinsforest.com/p/10559/)

しかし実情は、開発者権限でアドレスにあるBNTトークンの凍結を行えてしまい、またこのハッキング攻撃が内部関係者によるものなのか、外部からのものなのかもわからない透明性の低い環境となっていることから分散型取引所への不信感が生まれている。またこの分散型取引所と同様に、非中央集権型アプリ(DApps)も開発者権限でトークンを操作する仕組みがあることが判明した。

「もしも」という危険に備えて、管理者を立て事件解決の際に主体となって動く存在が必要だとすることも理解できる。現実的に考えても完全な分散型は今すぐに作れるものではない。これらの技術に関して詳しく、改善策を出せる人などそう多くはいないだろう。我々ができるのは「分散型」「非中央集権型」などの言葉に惑わされずに、きちんとそれぞれの内容を調べて、潜在的リスクを理解したうえでこれらのシステムを利用することではないだろうか。ただ、今後「分散型」というものの考えが一般的に浸透していくと同時に、徐々に個人個人の影響力は減少していき、徐々に分散型へ移行していくことに期待したい。

関連記事

  1. SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

  2. SWIFTはブロックチェーンを歓迎?

  3. 中国政府オンラインのねずみ講を取締強化

  4. ブロックチェーン技術のため、ソニーがIBMと提携

  5. ブロックチェーン関連法、事業への影響[マルタ]

  6. XRP、各国取引所に上場

PAGE TOP

ニュース

「情報銀行」への日本企業・団体・政府の動き

ニュース

知らないうちにXRPを利用する環境へ

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]

ニュース

AUDを担保にしたステーブルコイン発行へ[ステーブルコインに注目集まる]

ニュース

中国第5回格付け発表、Binanceもコイン評価開始へ