ニュース

カナダの取引所、日本市場進出計画

カナダの暗号通貨取引所、coinsquare(コインスクエア)が日本市場に進出する計画を発表した。日本での取引所はDLTa21xという名前で、現在金融庁の審査を待っていいる状況のようだ。

同取引所は日本市場への進出を皮切りにアジア市場へ展開していく方針のようだ。今回coinsquareが発表したのは日本市場への進出だけでなく、同取引所が特許を持つ取引システムをカナダ国内企業に有償で利用できるサービスを新たに行うという発表も行った。同取引所は現在、ビットコイン(BTC)・ビットコインキャッシュ(BCH)・ライトコイン(LTC)・イーサリアム(ETH)・ドージコイン(DOGE)・ダッシュ(DASH)の6種の暗号通貨を取り扱っている。またケベック州でのマイニング事業も行っている。ほぼ主要な通貨であるため日本でも同じような取扱いになるかと思うが、匿名通貨であるDASHについては難しいのではないかと思われる。システムがLTCとほぼ同じのDOGEについては扱いは許可されるのではないかと思われる。

現在日本では投資家保護・市場の健全化を目的に登録済みの取引所の見直しやみなし業者の審査を行っており、新規の暗号通貨交換業者の審査は一時停止状態にある。金融庁は5月上旬に登録審査を見直し、業界改革に本腰を入れた。その際に新規業者の審査は今夏をめどに再開する予定、としていた。この予定通り進めば、新規の交換業者も年末あたりには増えてくるのではないかと思われる。(金融庁、審査改善→https://coinsforest.com/p/9702/) 先月一斉に撤退した海外取引所もあるが、こうして海外の取引所が参入することで新たな通貨の取引が可能になることにも期待していきたい。(海外取引所、一斉に撤退→https://coinsforest.com/p/11382/)

関連記事

  1. Exodus、XRPに対応

  2. 韓国新規制「高額入出金に報告義務」

  3. 中国、暗号通貨関連アカウント凍結

  4. bitFlyerの新上場銘柄は「LISK」

  5. みずほ銀行がIBMと開発した「みずほマネー」の検証実験を実施

  6. 通信事業者がブロックチェーンで管理

PAGE TOP

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化

ニュース

CBDCの実現

ニュース

活発になるEUの動き[法規制整備で健全化]

ニュース

Huobi、ロシアでも取引所開設[世界進出に注力]

ニュース

昨日(12/9)のニュースまとめ

ニュース

分散投資とは[リスクを抑えるためにできること]