ニュース

中央集権型取引所の必要性

ICO等への大きな影響を及ぼすマカフィー砲で知られているマカフィー氏やイーサリアムの共同商業者であるヴィタリック・ブテリン氏が中央集権型取引所に対して批判的な発言をしたが、大手暗号通貨取引所BinanceのCEOは中央集権型取引所に対して異なった意見を示した。

中央集権型取引所を運営しているBinance、CEOの取引所に対する意見が、中央集権型取引所を批判するマカフィー氏、ブテリン氏と異なるのは当然だが、CEOジャオ・チャンポン氏は現実的な意見を述べた。チャンポン氏は「法定通貨をベースとした中央集権型取引所がなければ、すべてのコインの流動性・価値は低くなり、業界の発展は遅くなるだろう」と考えているようだ。たしかに現在利用している法定通貨と、これからを担う暗号通貨の橋渡し役は必要だろう。またいきなり分散型取引所を利用して暗号通貨を利用するというのは、一般的に考えればハードルの高いものとなっている。だからこそ中央集権型取引所で暗号通貨に慣れ、そして分散型取引所へ移行するといった形のほうが無難で、円滑にいくのだろう。マカフィー氏・ブテリン氏のように、分散型への革命の最前線で動いている人にとってはもどかしく理解しにくい点なのかもしれない。

いままで中央集権型に何の疑問も持たず、何の不満も持たなかった人間がいきなり中央集権型から脱却するには抵抗があるだろう。それも未知の技術を利用して行うとしたらなおさら不安になる。暗号通貨が普及していくにはまず、暗号通貨というデジタル通貨そのものの利便性・安全性を理解してもらう必要がある。特にデジタル決済が進んでいない日本ではこれは重要なことだ。LINE PayやMUFGコインなど中央集権型のデジタル通貨を利用し、利便性を実感し、中央集権型の暗号通貨XRPを利用し、暗号通貨を理解する。そうしてようやく、非中央集権型・分散型の暗号通貨の利用につながるのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 国内取引所のミスターリップルが生まれ変わる

  2. インド中銀、独自通貨導入検討しながら取引禁止

  3. 暗号通貨購入を将来的に考える人の割合増加

  4. バイナンス、ブロックチェーン国家建国の噂

  5. トランプ米大統領、ベネズエラ政府発行の仮想通貨の米国内での取引禁止=大…

  6. 昨日(7/3)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

「情報銀行」への日本企業・団体・政府の動き

ニュース

知らないうちにXRPを利用する環境へ

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]

ニュース

AUDを担保にしたステーブルコイン発行へ[ステーブルコインに注目集まる]

ニュース

中国第5回格付け発表、Binanceもコイン評価開始へ