ニュース

分散型取引所でもハッキング被害

中央集権型の取引所が主流の現在では、珍しい分散型取引所はどこかの組織に属することなく、個人で直接暗号通貨取引が行える取引所となっている。(分散型取引所とは→https://coinsforest.com/p/10559/)その分散型取引所の1つが、ハッキングの被害にあったようだ。

ハッキングを受けた取引所、Bancorは公式アナウンスでこのことを公表した。しかし分散型取引所では、処理された全ての暗号通貨取引の記録は、ブロックチェーンの分散型台帳に記録されており、秘密鍵もユーザー自身が管理しているため、ハッキングのリスクが低いとされている。今回同取引所で行われたハッキングも利用者への被害はなかったようだ。しかし、取引所のウォレットは被害にあい、およそ25,000ETHとその他のコイン約12億円相当が盗まれたようである。

分散型取引所といえば個人で直接取引が行われるというもので、取引所に資産はないのでは?と思われる方もいるかもしれないが、こうした分散型取引所は第三者が介入、人が介入することなく、機械が自動で契約を行う、スマートコントラクトを採用している。今回はスマートコントラクトをアップグレードするための必要な資金が狙われたということだ。ハッキングに強く、公平性も保たれ、中央集権型ではないことから注目されていた分散型取引所だが、主流となるにはまだ課題がありそうである。

分散型取引所は個人間で取引するためお互いの意見がかみ合わなければ取引は成立しない。そして分散型取引所は主流ではないためこの取引は、中央集権型取引所ほど頻繁には行われない。こうした状況から通貨の流動性は鈍くなっている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ブラジル大手銀イタウ・ウニバンコ、リップルネットに加盟

  2. 個人情報取り扱いの調査[韓国]

  3. 「悟コイン」の来夢、4月に仮想通貨交換業を廃止へ

  4. ブロックチェーン技術と分散型台帳技術の違いとは?

  5. 自称「サトシ・ナカモト」告訴され、約50億ドルの損害賠償

  6. 【中国が香港を規制か】バイナンスの代表は日本に潜伏?

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

NEMのBC技術活用した投げ銭サービス!!

ニュース

世界最大手BlackRockが参入検討か

ニュース

BITBOX、取り扱い通貨一覧 日本へのサービス展開は?

ニュース

ポルノ閲覧で詐欺

ニュース

自分の資産、保護のために

ニュース

昨日(7/16)のニュースまとめ

ニュース

Bithumb、日本市場進出予定!

ニュース

国税庁、確定申告促す環境整備